新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年04月16日 16時53分 UPDATE

「フォローしなくても必要な情報が表面に」――Twitterの未来像をCEOが語る

3億4000万件のツイートが日々新たに生まれているTwitter。東日本大震災では「Twitterがライフラインという重要な役割を担っていることが顕著になった」と、コストロCEOは強調する。

[宮本真希,ITmedia]

 1億4000万人ものアクティブユーザーを抱えるTwitterは今後どこへ向かうのか――。来日しているディック・コストロCEOが4月16日、都内で記者会見し、Twitterの未来像を明かした。

画像

 Twitterでは3億4000万件のツイートが日々新たに生まれている。今後はユーザーが周りで起こっていることをきちんと把握できるよう、情報が「表面に表示されている」ことが重要になると説く。ユーザーインタフェースは「インテリジェント」で「パーソナライズ」された方へと向かう。必要な情報であれば、アカウントをフォローしていなくても「表面に浮上させる」という。

 スポーツの試合やコンサートといったイベントのほか、何か不測の事態が発生したときには「Twitterで共有してつながれるようにしていきたい」とコメント。例えば、何か話題のイベントが起こっているとき、メディアが発信した関連写真や動画を前面に出したり、権威あるアカウントを見つけやすくする――といったイメージのようだ。

 東日本大震災に関しては「Twitterがライフラインという重要な役割を担っていることが顕著になった」と強調。「(震災で)どのようにTwitterが活用されたかを正しく理解し、日本における教訓を世界に広めていきたい」と意気込んだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー