新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年04月16日 19時54分 UPDATE

Apple、クマーに似てる(?)キャラ登場のiPhoneゲームにダメ出し

クマキャラが登場するiPhoneゲームが、Appleに「小児性愛者の勧誘ツールかもしれない」と思われた。その理由は……。

[ITmedia]

 iPhoneゲームを開発している会社が、Appleのダメ出しでゲームの内容を変更することを余儀なくされた。ゲームに登場するキャラが、クマーに似ているとAppleが考えたからのようだ。

ah_bear.jpg ゲームに出てくるクマキャラ

 eurogamerによると、このゲーム「Childhood's End」の開発元Pixel BrainがApp Storeにゲームのアップデート版を提出したところ、Appleの担当者から審査に時間がかかるとの連絡があった。その後担当者から電話があり、ゲームの目的や「ペドベアー(英語圏でのクマーの呼び名)」を知っているかといったことを聞かれた。ゲームには邪悪なテディベアというキャラが登場するが、Appleはこのキャラがペドベアーに似ていると考えたようだ。ペドベアーという呼び名はペド(幼児性愛)の変態熊の意味合いで使われている。

 App Storeのレビュー担当者は、Pixel Brainが提出したゲームのアイコンとスクリーンショット、Childhood's End(幼年期の終わり)というタイトルから、小児性愛者の勧誘ツールかもしれないと考えたという。

 アイコンやキャラのデザインを変えることで、ゲームは配信できるようになったそうだ。しかしペドベアーとゲームのキャラは、あまり似ているようには思えないのだが……。

ah_bear1.jpg Wikipediaのペドベアーのページ。うーん、似てない

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事