新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年04月20日 11時30分 UPDATE

「牡蠣を買う」が復興支援に プリプリの牡蠣を売るサイト「後藤家の食卓」 (1/2)

復興支援と聞くと、大がかりな取り組みをイメージしてしまうかもしれないが、気軽にできる復興支援もある。サイトで牡蠣を注文するだけで、石巻の人々を支援できるECサイトがあった。

[池田園子,ITmedia]
画像 後藤家の食卓

 昨年の東日本大震災の傷跡はいまだに癒えてはいない。そんな中、誰でも簡単に協力できる、Webで復興支援をしているサイト「後藤家の食卓」を発見した。似たような名前の番組があったな、と一瞬懐かしい気持ちにもなる、親しみやすいネーミングのECサイトだ。

 後藤家の食卓は、宮城県石巻市の牡蠣漁師を支援するためのプロジェクト。広島に続く牡蠣の生産量を誇る同市だったが、震災の影響で多くの漁師が仕事を失ってしまった。牡蠣の出荷に必要な処理をするための処理場が損壊し、復旧していないためだ。この現状を打開するために、牡蠣愛好家の個人、オイスターバーなど、牡蠣をメインに扱う飲食店に直販している。

 同サイトは牡蠣を購入できるだけではなく、コンテンツも充実していて見応えがある。牡蠣漁師である後藤さん一家が出演し、牡蠣の特徴やレシピを教えている。イベントのリポートなども、キレイな写真とともに掲載されているのが魅力的だ。牡蠣についてもっと知ってほしいという願いが込められている。

 プロジェクトの中心として動いているのは、デザインなどを手がける企業ASOBOTのクリエイティブディレクター、近藤ナオさん。「社会課題をクリエイティブに解決する」という理念を掲げて活動している。近藤さんにプロジェクトへの想いを聞いた。

石巻牡蠣の現状

画像 牡蠣漁師からのメッセージ。「後藤家のこのプロジェクトが、石巻の、東北の漁師たちの未来を開く、ひとつのきっかけになればうれしく思います」

 石巻の牡蠣は収穫後、処理場で処理され、仲買人の元へ出荷される。牡蠣には生食用・加熱用のむき身牡蠣、生食用・加熱用の殻付き牡蠣の4種類があるが、出荷される牡蠣の大半は、スーパーなどへ販売しやすく運送コストの安いむき身牡蠣。だが震災で処理場が損壊したためむき身処理ができず、出荷できない状態だ。

 震災前、石巻市側のむき身牡蠣は仲買人へ1350トン出荷されていた。今期(2011年11月〜2012年5月)の出荷予定は250トンと、例年の5分の1に落ち込む見通しという。一般的には4月に稚貝を海に沈めて9月末から出荷するが、昨年は震災の影響で出荷ができたのは11月からと1カ月遅れた。出荷時期の遅延を理由に、大手スーパーなどから契約をキャンセルされる漁師もいた。

 また袋詰めなどを行う仲買人の工場が復旧していない場合もあり、そのため販売量が落ち込んでいるのも大きな痛手だ。さらに、出荷できても風評被害が続いているため、都内スーパーなどで余ってしまう事態もあるという。


画像 サイトから牡蠣を購入できる。現在は貝毒検査の結果を受けて、出荷の自主規制をしている。今後の検査の結果次第で出荷を再開する
画像 Facebookページ

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事