ニュース
» 2012年04月20日 18時47分 UPDATE

役立たないけど面白い:「ボブは笑い過ぎてサーモンカルパッチョが鼻から出ました」 TOEICに出なさそうな単語をつぶやくTwitterアカウント

TOEICのテストに出なさそうな英単語と例文をひたすらつぶやくTwitterアカウントがある。まるで役立たなさそうだが、とても面白い。

[ITmedia]

 英語を学習している皆さんに是非とも教えたいTwitterアカウントがある。TOEICのテストに出なさそうな英単語と例文をひたすらにつぶやいている、「出ない順 TOEIC英単語」(@NISE_TOEIC)だ。

画像

 ツイートは、「そんなフレーズどこで使うんだよ!」とツッコミたくなるものばかり。例えば「【サーモンカルパッチョ(寿司)】salmon in carpaccio→Bob laughed so hard that salmon in carpaccio style sushi came out of his nose.ボブは笑い過ぎてサーモンカルパッチョが鼻から出ました」。おい、一体どういう状況だ。

 「【サンマ】The report by the board meeting, says the saury's bone stuck in boss's throat was removed .役員会議の報告書によると、社長の喉に刺さったサンマの骨が、無事取れたとのことです」というのもある。謎すぎる役員会議だが、さっきのボブとこの社長は友達になれそうな気がする。

 記者のお気に入りはこちら。「【胸毛】 chest hair 用例 After the morning assembly, the CEO plucked his chest hair crying in the canteen. 朝礼の後、最高経営責任者は給湯室で、号泣しながら胸毛を抜いていました」。もしこんなシーンに出くわしたら英語でツイートして全世界に伝えたいので、念のため覚えておこうと思う。

 @NISE_TOEICのプロフィールによると、なかの人は「ただの会社員」のため、ツイートするペースは遅いが「楽しんでもらえたら嬉しいです」とのこと。現在のフォロワー数は約8000人となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう