ニュース
» 2012年04月25日 16時20分 UPDATE

マクロス30周年展覧会「MACROSS:THE DESIGN」 ミンメイからシェリル、ランカまで

「MACROSS:THE DESIGN」はデザインという切り口でマクロスシリーズ30周年の歴史を見る。河森正治監督がブロックで制作したバルキリーも。

[ITmedia]
ah_macross.jpg

 「マクロスシリーズ」30周年を記念した展覧会「MACROSS:THE DESIGN」が4月26日にパルコミュージアム(東京都渋谷区)でスタートする。

 30周年の歴史をデザインという切り口で振り返り、当時の設定、原画、動画、セルなど資料を中心に展示する。展示物は当時の資料、河森正治監督がブロックで制作したバルキリー、クリエイターとのコラボレーションイラストなど。「超時空要塞マクロス」エンディングのアルバムの(ほぼ)再現や、等身大エリアの撮影コーナーなどもある。

 入場料は一般500円、学生400円、小学生以下無料。5月13日まで開催で、時間は午前10時〜午後9時。29日には美樹本晴彦氏のサイン会もある。

 2012年はシリーズ1作目「超時空要塞マクロス」の放送から30周年であり、マクロスの世界の年表で言うと、第1次長距離移民船団「メガロード01」進宙の年にも当たるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう