新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年04月27日 17時45分 UPDATE

みんな大好き「ランチパック」の専門店がオープン! これは行くっきゃない!

膨大なバリエーションがあり、熱狂的なコレクターもいるというヤマザキの「ランチパック」。そんなランチパックの専門店が秋葉原駅構内にオープンした。

[池谷勇人,ITmedia]

 つくばエクスプレス秋葉原駅構内に、史上初の「ランチパック専門店」がオープンした。ランチパックシリーズを販売する山崎製パンの直営で、首都圏に特化した新しい店舗開発を狙う。

画像 マスコットキャラクターのランチちゃんとパックくんが目印

 店内では30種類近いランチパックを常時取り揃える。さらに現在はオープンセールとして、杉並の工場から出荷される基本の27種類のほか、宮崎の「マンゴークリーム&ホイップ」や島根の「出雲ぜんざい風」、京都の「抹茶板チョコ&宇治茶クリーム」、青森の「十和田バラ焼き風」などユニークな“ご当地”ランチパックも販売中だ。オープンを記念したグッズプレゼントも行ったが、午前中には配布終了になるほどの人気だったという。

画像 棚には約30種類ものランチパックが常時ずらりと並ぶ

画像 牛乳など飲み物も販売。店舗形態としては牛乳スタンドに近い

 ランチパックの歴史は意外に古く、初登場は1984年。スタート時のラインアップはピーナッツ、小倉、青リンゴ、ヨーグルトの4種類で、当時はどちらかと言えば菓子パン系が中心だった。ちなみに初期4種類のうち、ピーナッツは今でも販売されているロングセラー商品だ。

 今のように多くのバリエーションを投入するようになったのはここ5〜6年のこと。食パンの調理技術やカット技術が向上し、より様々な具を中に入れられるようになったのがきっかけ。これまでに何種類くらいのランチパックが作られたのか聞いてみたところ、多すぎて担当者でさえ正確には把握しきれていないとのこと。参考までに、2010年に数えた時には、関東エリアだけで年間200品種もの新商品が発売されていたそうだ。

画像 発売以来変わらぬ人気を保ち続ける「ピーナッツ」

画像 オープンを記念し、現在は貴重な「ご当地ランチパック」も販売中だ

画像 日替わりプレゼントの中には、貴重な「ランチパック」トランプも

 これだけの数のランチパックがずらりと並ぶ様子はまさに壮観の一言。オープンを記念し、4月27日から30日には日替わりのグッズプレゼント(先着順)を、5月3日から6日にはくじ引き抽選会を実施する。ランチパック好きな人はぜひ足を運んでみてほしい。

画像 編集部へのおみやげにランチパック大量ゲット! どれから食べようかな……

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事