新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年05月01日 18時05分 UPDATE

ニコニコ超会議:鉄道パーツ、最高落札額金弐拾万円也!? しかも落札したのは女性

4月28日、29日に幕張メッセで開催された「ニコニコ超会議」において、JR九州協力の下「公開解体買い付けショー」が開催された。鉄道マニア垂涎のレアものが飛び出す中、下は3000円から上は20万円まで、200人近いマニアたちが入札に興じた。

[作倉瑞歩,ITmedia]

誰にでも公平平等に適正価格で販売します

 「超鉄道」ブースで行われた「公開解体買い付けショー」(以下、買い付けショー)は、鉄道マニアとしても有名なカシオペアの向谷実氏が司会を務め、JR九州の小倉工場と会場を中継して開催された。

 買い付けショーの対象となった485系は、半室グリーン車クロハ481-203を含む編成。コーポレートカラーである赤一色に塗られた「RED EXPRESS」は、「にちりん」「きりしま」「ひゅうが」の一部で運用されていた。

画像 オークション会場。左から向谷実氏、司会の久野知美さん、テツとして有名なホリプロの南田裕介マネージャー、“車掌DJ”ことSUPER BELL”Zの野月貴弘さん

 記者も“テツ”を自認しており、いろいろなところで鉄道パーツが売られているのを見てきたが、驚いたのはこの買い付けショーで出てくる部品の“価格の安さ”だ。おそらく市場価格の半分、下手すると3分の1? それくらい安く、値段が設定されていた。例えばこんな感じだ。

アイテム名価格
マスコン7000円
ブレーキ弁5000円
速度計1万円(台車の計測器付き)
圧力計3つ1万円
電圧計(低電圧用および高電圧用)合わせて3000円
時刻表ボード3000円
遮光版2000円
非常パンタグラフ下げスイッチ2000円
乗務員用腰掛け1万5000円
ブザー3000円
ATSセット3000円
2人掛けの客室席2万円
非常警報スイッチ2000円
非常灯(懐中電灯にJNRの文字入り)3000円
寒暖計5000円
「くずものいれ」や号車ふだなどのカードセット2000円
ヘッドライト1万5000円
気笛1万円
前照灯5000円
尾灯3000円
製造名盤5000円

 ちなみに落札金額は「送料込み」。このため「速度計 台車の計測器付き」などは「名古屋より西だと赤字」(向谷氏)だとか。もちろんアイテムへの価格自体、“その筋の人”が見れば「何でこんなに安いの?」と驚くことだろう。私も小学生の時、当時神田にあった交通博物館で開催された即売会で、「小田原−熱海」という、なんてこともない東海道線のサボ(行き先票)を、当時の値段で2500円(今なら5000円くらい?)で購入したことがあるが、それに比べれば安いものだ。

 なお、この即売会には、「ニコニコ超会議号」という寝台列車とミステリートレインに乗車した人のほか、当日会場で参加した人など、合わせて260人程度が参加していた。入札方法だが、それぞれに番号を書いた紙が渡されており、自分が入札したいと思う商品の時に、その番号を係員に渡すことで入札が成立するというもの。抽選は、箱に入った紙を向谷実氏が引く形で行われた。

 次々と商品が落札されていく中、1時間程度経った段階で本日の最高金額物件、特急のヘッドマークが出品された。その金額はなんと20万円。参加している人も最初はビビっていたのか応札の手が上がることもなかったのだが、「クレジットカードも使えますよ!」という向谷さんの声に答えるように、数人の手が上がる。ヘッドマークは2つ出品されたのだが、なんとそのうち1人は女性だった! その“漢気あふれる”姿に、場内は大拍手だった。

画像 ヘッドマークです
画像 普段はこんな風についているのを見かけることでしょう
画像 普通は電動ですが、手回しでも動くので、単体で楽しめます

画像 なぜか「ホームライナー」の表示に熱くなっていた南田さん
画像 20万円也を競り落とした女性。漢気あふれてます
画像 購入後は、ブース右に設置されていたお支払いコーナーで精算

 そして予定時間を大きくオーバーして、公開解体買い付けショーは終了した。全体を通してみると、かなり楽しいオークションであった。工場で解体したものをその場で販売するなんてことは向谷氏がいないとできないことだったろうし、それを実現してしまう氏の“漢気”あふれるイベントの仕切り方もよかった。是非またこのような買い付けショーを開催してほしい。その時には記者ではなく、是非ともマニア側で参加したいものだ。

関連キーワード

入札 | 向谷実 | JRグループ | 鉄道 | 幕張メッセ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事