新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年05月09日 11時00分 UPDATE

目指すは「お経の一般化」:お経とダンスミュージックが融合! 現役住職の音楽ユニット「TARIKI ECHO」

浄土真宗の現役住職による異色の音楽ユニットが注目を集めている。意外と(?)仏教界、音楽界から評価の高い彼らに、活動の背景と展望を聞いた。

[岡徳之,ITmedia]

 いま現役の住職コンビが注目を集めている。ひとりは釈一平さん、島根県にある龍教寺というお寺の住職だ。もうひとりは釈明覚さん、埼玉県にある善巧寺の住職だ。彼らが注目を集めているのには理由がある。その異色な職業だ。この2人、現役住職とは異なるもう1つの顔を持っている。それがダンスミュージックユニット「TARIKI ECHO」だ。

 彼らの楽曲には確かにお経が登場する。そして意外とハマっているのだ。どうしてお経とダンスミュージックを掛け合わせることを思いついたのか、仏教界のタブーには当たらないのか。インタビューしてきた。

aH_TARIKIECHO01.jpg ヘルメットと袈裟が特徴的なTARIKI ECHO

きっかけは放課後のセッション

 釈一平さんと釈明覚さんが出会ったのは、東京都中央区築地にある築地本願寺。同寺にある住職志望の学生が通う夜間の学校、東京仏教学院だった。学院では、インド仏教、中国仏教、日本仏教、お経を朗唱する声明など、住職になるための知識や作法を座学・実践で学ぶ。音楽の授業もあり、築地本願寺にはピアノが置いてあった。出会う前からバンド活動をやっていた2人は音楽を通じて意気投合。学生も先生も帰った放課後の音楽室で、警備員に追い出されるまで2人でセッションをしていたそうだ。

 セッションをしているうちに「音楽とお経を組み合わせてみようぜ」という話になり、学生のみが参加するお寺の仏教青年会で、仏教讃歌のハウスバージョンを演奏。「もし先生に聞かれてたら怒られていたと思う」と釈明覚さんは当時を苦笑いで振り返る。半分悪ノリで始めたこのころのバンド活動が、のちに生まれるTARIKI ECHOのルーツとなった。

出会いから20年後、TARIKI ECHO結成

 学院で意気投合した2人だが、卒業後は別々の道に進んだ。釈一平さんは祖父が務めていた島根県龍教寺の住職に。しかし、お寺周辺が過疎地のため、現在は東京に移住して親戚のお寺を手伝いながら、キーボード演奏、楽曲提供などアーティストとして活動している。一方、釈明覚さんは卒業後、お経の節や雅楽を学ぶための学校に通った。その後、京都本願寺などでの勤務を経て、埼玉県にある善巧寺の住職を務めている。

 かたや音楽のプロとして、音楽センスと制作スキルを磨いた釈一平さんと、かたやお経のプロとして経験を積んだ釈明覚さん。そんな2人が東京で再開する機会があり、TARIKI ECHOの結成に至る。「学校の音楽室で弾いていたときは“ネタ”“おふざけ”の域を出なかった。いまだからこそうまく合わさった」と、釈明覚さんは20年の過程を語った。

ah_TARIKIECHO02.jpgah_TARIKIECHO03.jpg 左:島根県にある龍教寺の住職・釈一平さん 右:埼玉県にある善巧寺の住職・釈明覚さん

「お経は気味が悪い」――そうじゃない

 釈一平さんは東京仏教学院に入学する前、東京のいわゆる一般家庭で育った。これが普通の感覚だと思うが、と前置きした上で「宗教とか気持ち悪い。お経は気味が悪い。なめていた」という。しかし、本格的にお経を学ぶうちにその魅力に気づき「お経とは縁遠い方にもっと聞いてほしい」と思うようになったという。お経といえば、一定の暗い音程で唱えられるものという印象を持たれているが、中には独特の節まわしで“メロディアス”なものもあるそう。また、歌詞(=お経)には「仏様がいるから大丈夫。あなたの未来は決して暗いものじゃない」という前向きなメッセージが込められている。「西洋音楽はもちろんかっこいい。しかし、お経には日本古来のもののおもしろさを発見できる」と釈明覚さんは言う。

意外な仏教界からの反応

 釈明覚さんは、お寺での御法話会にくる業界の先輩方にTARIKI ECHOの楽曲を聴かせてみたそうだ。「お経に触れるよいきっかけになるのでは」と、意外に(?)反応はよかった。この「お経×ダンスミュージック」という新ジャンルを、ヘビーメタルや、ロックンロールと同じ地位にまで引き上げていきたいと2人は語る。目指すは年末のNHK紅白歌合戦。「音楽を通じてお経を一般化させる」――高い志をもった彼らのメロディアスなお経が、街中で聴こえてくる日は近いかもしれない。

ah_TARIKIECHO04.jpg 音楽を通じてお経の一般化を目指す2人

関連キーワード

音楽 | お寺 | ダンス | NHK紅白歌合戦


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

icon
編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

icon

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

icon

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事