ニュース
» 2012年05月09日 17時28分 UPDATE

全天候型常設脱出ゲーム:富士急ハイランドで「新脱出迷宮アトラクション計画」始動、今夏開業予定

脱出成功確率はほぼ0%を目指す! 富士急ハイランドがこの夏、ゲストをガチで脱出させる気のない脱出迷宮アトラクションを常設する。

[ITmedia]

 富士急ハイランドでは7月下旬導入を目指した「新脱出迷宮アトラクション計画」を始動した。

 “迷宮”と化した収容所からの脱出を試みるミッションクリア型のウォークスルーアトラクションで、脱出成功確率は限りなく0%に近い数字を目指すとしている。

 世界最恐の巨大お化け屋敷「最恐戦慄迷宮」で培ってきたノウハウを元に、今度はホラーではない“迷宮”を作り出す。延べ床総面積は約3300平方メートルにも及び、“リアル”にこだわった実際の収容所をイメージした演出が施される。

画像

 舞台となる収容所内はいくつかのステージに分かれており、それぞれ制限時間内にクリアしないと次のステージに進むことが出来ないようになっている。ステージには難易度が設定されており、知力・体力・運を使ってさまざまな手掛かりを見つけ出し、脱出を目指す。なお、脱出に成功するとその栄誉を称えた景品が贈られる予定だ。

 富士急ハイランドでは過去、リアル脱出系のイベントを開催していることもあり、その際は多くのゲストを動員した実績もある。全天候型の常設の脱出アトラクションを待ち望む声も多かった(※追記:本アトラクションにはリアル脱出ゲームを主催するSCRAPは関わっていない)。

 新脱出迷宮アトラクションの正式名称は未定。5〜30分ほどの所要時間で、定員24名ほどを予定している。料金は800円。なお、本アトラクション導入に伴い、「合戦 戦国BASARA」及び「戦国城下町」の営業は終了する。

関連キーワード

イベント | リアル脱出ゲーム | 開業


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー