新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年05月10日 08時42分 UPDATE

あの「つぎとまります」が押し放題だと! 話題の「バス降車ボタン展示会」に行ってきた

みなさんは「自分で押す派」? それとも「誰かが押すのを待つ派」?

[池谷勇人,ITmedia]

 ゴールデンウィーク中の2日間(5月3日、4日)、東急ハンズ渋谷店で開かれていた「バス降車ボタン展示会 つぎとまります」というイベントが面白かった。

 率先してガンガン押す人、逆に誰かが押してもらうのを待っている人――。押し方ひとつとっても人間性が露骨に表れると言われる「降車ボタン」。そんな魅惑のボタンを一堂に並べたのがこのイベントだ。いつもは1回押せばそれっきりですが、今回ばかりは好きなだけ押しまくってOK!

画像 一口に降車ボタンと言って千差万別。様々なバリエーションがあることが分かる

 展示されている降車ボタンは100種類以上。降車ボタンファンサイト「つぎとまります」の管理人“ばすくん”さんの協力で実現したイベントで、展示物はすべて個人的なコレクションなのだそう。集めはじめたのは30年ほど前からで、多くは廃車になる際に譲ってもらうなどして入手。「骨董的価値はあるんですか?」と聞くと、「あるわけないじゃないですか(笑)」と即答されたのが印象深かった。

 展示スペースはかなりコンパクトだったものの、周囲には常時人だかりが絶えず、「みんなやっぱり押したかったんだなあ」とあらためて魅力を再確認。これからはバスに乗ったら、どのタイプのボタンなのかじっくりと観察してみたいと思います。

画像 小さな子供が大はしゃぎだったのも印象深かった。子供は大好きだよね、降車ボタン

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事