ニュース
» 2012年05月10日 11時10分 UPDATE

かわいすぎて食べられない:“リラックマ料理”の達人現る 写真アプリ「My365」で超人気のひよこさん

リラックマをイメージした自作料理を毎日ひたすら作り、写真を公開しているひよこさん。かわいさがうけ、ファンが急増している。地味な煮物もひよこさんの手にかかると……す、すごい!

[宮本真希,ITmedia]

 その日、その日のとっておきの1枚を残していけるiPhone向け写真アプリ「My365」で、ひよこ(hiyoko555)さんは3200人以上のフォロワーを抱える人気者だ。今年の2月末頃からほとんど毎日、ゆるキャラ「リラックマ」をイメージした創作料理の写真を投稿している。カラフルで宝石箱のような作品の数々に思わず目がハートになってしまう。

画像

 例えば、地味な見た目になりがちな煮物も、ひよこさんの手にかかればこの通り。リラックマの顔が描かれた大根などが散りばめられ、しみじみと眺めたくなる。たくわんや納豆といった日々の食卓に上がるメニューもひと手間でリラックマ仕様に。盛り付けも美しく、見ていて飽きない。

画像

 リラックマ型のパンケーキ生どら焼き、リラックマ型アイスが浮かぶメロンクリームソーダなどスイーツも多い。写真を見たほかのユーザーからは「お腹も心も満たされる」「お店開いてほしいです!」などと毎回たくさんの感想が届いている。ひよこさん自身も積極的に返信しており、コメント欄はいつも大にぎわいだ。

画像 かわいすぎるメロンクリームソーダ

 「おやすみリラックマ」と題したオムライスは、「可愛くなあれと愛情を込めて作ったら、本当に可愛く思い通りに作れてとてもうれしかった」という思い出深い作品という。リラックマの形をしたご飯に、半熟卵の布団がかけられて、リラックマは口を半開きにして熟睡している。しかもとてもおいしそうだ。

 この写真がきっかけで、フォロワーは一気に3倍に増えた。My365は110万ダウンロードを突破した人気アプリだが、フォロワーは最も多い人で5000人程度。ひよこさんのフォロワーがこのままのペースで増えていけば、1番人気のユーザーになる日は近いかもしれない。

画像 食べるのがもったいない!

 リラックマがとにかく大好きなひよこさん。もともと料理が趣味だった。“リラックマ料理”に凝り始めたのは、My365を使い始めてすぐの頃、何気なく投稿したカレーの写真。リラックマ型のご飯にカレーのルーを添え、まるでリラックマが風呂に入っているように見せた。これが思いのほか好評で「私の料理でも喜んでくれる人がいるのかな?」とうれしくなった。そこで「リラックマで色々な料理をどこまでできるかやってみよう」と決心。日々作り続けるうちに「本当に楽しくなってきて、毎日の楽しみになってしまいました」と話す。

画像 頭の上にチーズの手ぬぐい。いい湯だな。

 自分が思い付いた料理を頭で想像しながら作っていて、レシピはすべてオリジナルという。こだわりは(1)なるべく安く、(2)なるべくかわいく、(3)なるべくおいしく仕上げること。かわいい料理を作ってもおいしく食べられなければ材料費がもったいない、と味にも気を使う。お金をかけ過ぎては続かないからと、普段あるものや安い材料で調理している。

 撮影に使うのはiPhoneのみ。かわいく写真を撮るために、角度や並べ方、食器などにも気を使っている。写真に文字を書き込んだりして加工する場合もあるが、料理が引き立たつよう“シンプル”を心がける。

 ひよこさんのやる気を支えているのは、ほかのユーザーからのコメントだ。「写真を見て元気が出た」「家族で楽しみにしている」などうれしかった言葉は「たくさんあり過ぎる(笑)」が、最も心に響いたのは「写真も好きだけど、私(ひよこさん)の人柄が好きって言ってもらえた時」。写真やコメントで人間性を感じ取ってもらえるなんてと、感激したと振り返る。

画像 ウインナーもこの通り

 意外にも、出来栄えに100%満足した作品はまだない。「毎日続けるモチベーションは、とにかく考えること、作ることが楽しいと思える事。楽しくないとか辛いとか思ってしまったら、きっとやめてしまうと思います」とひよこさん。リラックマへの愛と情熱はそのままに、今日も創作料理を追求する日々は続いている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー