ニュース
» 2012年05月11日 16時57分 UPDATE

旅に出れば日食を観測できるかもしれません

「もし5月21日の金環日食を見られなかったらどうしよう?」とお悩みのあなたに旅をオススメします。

[ITmedia]

けっこうチャンスがある?

 今年の5月21日、日本全国で部分日食が観測できるほか、九州地方南部、四国地方南部、近畿地方南部、中部地方南部、関東地方など広範囲で金環日食を見ることができる。次に日本で金環日食を見れるのは2030年6月1日とかなり先のため、ぜひとも見ておきたいところだ。だが、問題は天気。ひとたび天候が崩れれば肉眼で見ることはできなくなる。また、仕事や用事で見たくても見ることができない人も多いはず。

 でも心配ご無用。世界に目を向けてみると、金環日食はそれなりに見るチャンスがあることが分かる。トリップアドバイザーは「世界日食観察マップ(2012-2025)」を公開。2012年5月21日から2025年までの期間、世界で観測される皆既日食、金環日食、金環皆既日食をまとめている。

画像 日食だからと太陽を直接見ないように!

 これを見ると来年2013年にもアフリカやオーストラリア、南太平洋の一部で金環日食を見ることができそうだ。

 「日食」は、月が太陽の手前を横切ることで、太陽の一部または全部が隠れる現象で、皆既日食や金環日食は限られた範囲でしか観測できないことから注目度も高い。5月21日の金環日食は、1987年9月23日に沖縄本島などで見られた時以来の日本で観測できるチャンス。ぜひ太陽を見るための日食グラスなどを入手し、当日空を仰いでみてはいかがだろうか? そしてもし見られなさそうなら、世界に目を向けてみては?

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー