ニュース
» 2012年05月11日 19時43分 UPDATE

人形を操る感覚でCGキャラクターを操作できる人型入力デバイス「QUMARION」

センサーを埋め込んだ人形を動かすと、画面上のCGキャラクターが同じように動く――人型入力デバイス「QUMARION」はまるで未来のデッサン人形だ。

[DIGINFO TV]
DIGINFO TV

 QUMARIONは、3D-CGの人物モデルをより簡単に操作できるようにする、新しいコンセプトの人型入力デバイスです。

 このデバイスは、筑波大学発ベンチャーのソフトイーサと電気通信大学発ベンチャーのビビアンが共同で開発している「QUMA(クーマ)」技術を利用したもので、人の動きを再現できる程度の可動域を持ち、関節部分16ヶ所に32個のセンサーが設置されています。各関節からのデータは毎秒120フレームでPCに取り込まれ、3Dデータモデルにポーズをつけることができます。

今まで3Dのモデルを扱うのは、非直感的で難しい面がありました。ドラッグ操作だとソフトによっては、おかしな動きをすることもあり、もっと直感的に人形を動かすやり方でできるようになったらいいなということで作りました。

アクションフィギュアを制作されている方がデザインしているので、デッサン人形よりもすごく動くように作られているというのが大きなポイントです。例えば、体操座りとかもこのようにできます。こんなにいろいろなポーズをとれる人形自体がなかなか手に入らないですし、その人形にさらにセンサを埋め込んでいるということで、道具として完成度の高いものに仕上がったと思います。

 QUMARIONに対応するソフトウェアは、イラスト製作ソフトなどを手がけるセルシスが現在開発を進めており、入力デバイスとセットで、数ヶ月以内に6万円前後でリリース予定です。

セルシスは、イラストやコミックの制作ツールを提供している関係で、例えば2Dのイラストを描く時、QUMARIONでポーズを付けて、この3Dキャラクタを下絵にして、その上からなぞって描くような使い方を想定しています。そこがQUMARIONの開発のきっかけです。そうはいっても2D以外にも3Dでも、キーフレームを打ってモーションを作るような入力デバイスとしても活用できるのかなという所で、今後そういった方向性にも進んでいくようなツールではないかと考えています。

ah_quma1.jpgah_quma2.jpg
ah_quma3.jpgah_quma4.jpg

Copyright(c) 2017 Digitized Information, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー