新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年05月18日 15時14分 UPDATE

消費者庁、コンプガチャは違法と判断。7月1日からは法的措置も

ソーシャルゲームのコンプガチャについて、消費者庁が正式な見解を示した。

[ITmedia]

 ソーシャルゲームの「コンプリートガチャ」問題について、消費者庁は景品表示法で禁じる「絵合わせ(カード合わせ)」にあたるとの見解を示した。7月1日以降、違反した場合は行政処分などの厳しい措置がとられる。

 インターネット上のカードであっても「絵合わせ」行為に当たるのかは解釈が難しいが、消費者庁は違法と判断した。表示対策課長の片桐一幸氏によれば「これまでに措置を執った例がないため、まずは違法であるという旨を明らかにするため、運用基準をより具体的にし、7月1日からはそれにのっとり運用していくという形を取ります」とのこと。すぐに違法とは判断せず、7月1日からの運用となったのはこのためだ。6月30日までに行われているものについては「個別に判断することはしない」(片桐氏)という。

 コンプガチャだけでなく、ビンゴガチャ(異なる絵柄のカードを一列に揃えるとレアアイテムがもらえる)など類似するケースについても、上記運用基準に従って判断される。当然「絵合わせ」に当たるとなれば厳正に対処していくとのこと。

 なお、ソーシャルゲーム各社はすでにコンプガチャの自粛に向け動いており、現在残っているコンプガチャについても5月31日までに終了させるとの方針を示している。

画像画像 5月8日の決算発表でコンプガチャについてコメントした、グリーの田中良和社長

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー