新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年05月24日 15時18分 UPDATE

横浜に「原鉄道模型博物館」、7月10日オープン 大規模ジオラマも

鉄道模型製作・収集家の原信太郎氏のコレクションを展示する博物館が7月にオープン。約310平方メートルの室内ジオラマも。

[ITmedia]

 世界最大級の鉄道模型博物館「原鉄道模型博物館」が7月10日、神奈川県横浜市にオープンする。

ah_hara1.jpg

 有名な鉄道模型製作・収集家の原信太郎氏のコレクションからおよそ1000両を選んで展示。一部は約310平方メートルの室内ジオラマ「いちばんテツモパークジオラマ」で走らせる。横浜の街並みのジオラマにHOゲージの模型を走らせたり、東海道新幹線の一番切符(一番最初に発券された切符)のレプリカ、アンティーク鉄道玩具などのコレクションを展示する。

 入館料は大人1000円、中高生700円、小人(4歳以上)500円。場所はみなとみらい21地区の横浜三井ビルディング2階。開館後7日は完全予約制となる。

ah_hara2.jpg 展示される模型の一部
aH_hara3.jpg 東海道新幹線の一番切符
ah_hara4.jpg
ah_hara5.jpg

関連キーワード

鉄道 | 博物館 | 横浜 | みなとみらい21


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー