新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年06月05日 10時20分 UPDATE

「うつかも」通知サービス「うつっぽ」、批判受け改善へ

「開発スピードに呑まれた」――匿名で「あなたはうつかも」と知らせるメールが届くサービス「うつっぽ」が失策を認め、改善する。

[ITmedia]

 物議を醸していた、身近な人に「あなたはうつかも」というメールを送る「うつっぽ」が、批判を受けてサービスの改善について発表した。

ah_utsu.jpg うつっぽ

 うつっぽは、メンタルヘルスの問題を抱えているかもしれない身近な人に対し、匿名でメールを送り、診断サービスを勧めるというもの。5月半ばに公開されて以来、賛否両論を呼んでいる。匿名なのでスパムのように思える、通知の仕方が配慮に欠けるのではないか、などの批判を受けた。

 同サービスを運営するU2plusは6月4日のブログで、「周囲の人たちのメンタルヘルスの予兆に気がついてもらう」「メールを送るだけであれば心理的な障壁がさがり、より多くの人にメンタルヘルスのチェックを受けてもらえる」というコンセプトであることをあらためて説明しつつ、失策があったことを認めた。

 同社は「仮説検証を経ずにサービスを公開した」ことが失策の最大の原因だとしている。代表である東藤氏が、開発を担当したliverty(家入一真氏が率いるプロジェクト集団)の「開発スピードに驚嘆し、勝手に『呑まれた』状態となったことだと思います」と説明している。「公開を急いだ結果として、”うつっぽ”は格好のスパムメールツールと化し、多くの方に大変ご迷惑をおかけいたしました。誠に申し訳ございません」

 今後は当初の目的やコンセプトはそのままに、匿名性を排除し、手軽なセルフチェックツールとして使用した後、周囲になんらかの予兆がある人がいたらメールを送ってもらうサービスとして改善する予定。Facebook認証を取り入れて送信者の実名を出し、メールの対象を「知り合い」に限定する。改善リストと進捗状況はGoogleドキュメントで公開し、誰でも閲覧できるようにした。「うつ」から始めるサービス名称に違和感を覚えたという意見が多かったため、サービス名の変更も検討しているという。

関連キーワード

メール | 匿名 | 批判 | メンタルヘルス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー