新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年06月12日 21時28分 UPDATE

ウェブカムだけで顔の向き・表情を高速・高精度に追跡するアバターシステム

慶応大学が画期的なフェイシャルモーション技術を開発した。

[DIGINFO TV]
DIGINFO TV

 慶應義塾大学 満倉靖恵准教授のグループは、一般的なPCとUSBカメラで、人間の顔の向きや表情の変化を高速・高精度に計測する手法を開発しました。

趣味でCGアニメーションを制作している方やWeb対話システムなどで自分の顔の代わりにこういったキャラクターを提示して対話に使うといったもの、もしくはイベントなどでキャラクターをリアルタイムに動かしたりといったことも、パソコン1台とカメラ1台用意するだけで簡単にできますので、そういったことに応用できると考えています。

 顔の検出・追跡には、時系列信号処理の手法を応用し、目や鼻、口などに配置された特徴点を高速・高精度に追跡しています。画面上の白い点が顔の追跡に利用した特徴点、赤い線は顔の向きを表わしており、顔の向きや口の動きに合わせて適切に顔を検出していることが分かります。

人間の顔の動きに合わせて、アルゴリズムを逐次更新していくようなものを使用していますので、非常に高速・高精度に顔を追いかけることができるというのが、このアバターシステムの基礎となっている技術です。

 さらに、表情の変形の仕方を解析することで、顔の向きだけでなく、眉や口の動き、笑い、怒り、驚きなどの表情を表現することもできます。

 また、アバターとしての活用の他、人間の顔の変化を読み取って動作するゲームなどへの応用も考えられています。

顔にマーカを付けるモーションキャプチャを使ったりすると、一般の人では用意することができなかったりしますので、そういった意味ではこういったモデルをリアルタイムに自在に動かすという技術は今まで無かったものだと思います。

 今後は、一般PC向けのモーション生成ソフトウェアの開発を目指すほか、さまざまな分野への応用や実装を進めていく予定です。

Copyright(c) 2016 Digitized Information, Inc. All Rights Reserved.


ねとらぼライター募集


注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧
  1. どうしてそうなった!! 10人の作家陣が広告を1分間で覚えて描きつなぐ「記憶イラストリレー」にツッコミが間に合わない
  2. あんなに一緒だったのに…… 仲良しだったロシアのトラとヤギの心温まる友情に突如終わりが訪れる
  3. ミサイル発射で放送中止された「ワンピース」第729話は次週放送に
  4. ワンフェス2016[冬] :「なまら怖かったよ!」 水曜どうでしょうの「スーパーカブ」が再びフィギュアに 今度は荷台も完全再現!
  5. 地下鉄や山手線など18路線を再現した3D模型「東京動脈」をこの目で見られる 企画展示「東京の鉄道史 -鉄道が築いた都市、東京-」で
  6. 3DSを壊してしまい修理に出した8歳児が下手な大人よりしっかりした謝罪文を任天堂に送付 ネット上で称賛の声
  7. ガルパンおじさんはなぜ「ガルパンはいいぞ」と言うのか 言語能力が低下するメカニズムを解説したマンガが話題に
  8. 体張りすぎ! 「水中で発砲された弾丸はほとんど進まない」を実証するため物理学者がプールで自分を撃ってみた
  9. 探偵!ナイトスクープで「ゲゲゲの鬼太郎ファンの子ども2人が友達になるロケ」の最中に水木しげるさんの訃報 子どもたちは涙
  10. 「もう俺らでカードゲーム作っちゃおうぜ!」 兄弟と一緒にカードゲームを自作した黒歴史をネットで大公開

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事