ニュース
» 2012年06月14日 21時06分 UPDATE

歯が折れるくらい堅い? ウワサの「堅パン」食べてみた

乾パンじゃなくて堅パン(かたぱん)。福岡の人は知ってるかも?

[ITmedia]

 突然ですが、「堅パン(かたぱん)」って知ってますか?

 僕も知人から教えてもらったのですが、名前のとおり、乾パンよりもさらに堅いパンで、とにかく「歯が折れそうなくらい堅い」のだとか。教えてくれた知人は「石をかじってるみたい」と言ってましたが、それもう食べ物じゃないだろ!

 とは言え調べてみると確かに「ものすごく堅い」という声はちらほら。そんなに言われると逆に食べてみたくなってくるじゃないですか! 見たらAmazonでも買えるみたいなので、さっそく取り寄せてみました。

画像画像 パッケージはこんな感じ。シンプルです

 届いたのは、スピナの「くろがね堅パン 5枚入り」。北九州市の名物で、福岡県民の間では比較的メジャーな食べ物らしいです。ちなみにAmazonでは200円(送料別)でした。

 パッケージは白とオレンジの袋に「くろがね堅パン」と描かれているだけのシンプルなもの。「健康はアゴから」のキャッチコピーが、遠回しに堅さをアピールしていてイイですね。側面を見ると「たいへん堅い商品ですので、歯の弱い方はご注意ください」との注意書きも。

画像画像 お皿に出したところ、すでに何枚か割れてました。あれ、意外に堅くないのか? と思ったら……

 さて、気になる味と堅さはどうなのか。さっそく開封し、1枚かじってみると……。

 ――堅っっっ!

 なにこれホントに堅い! 前歯ではまったく歯が立たず、奥歯で思いっきりかじってようやく「バキッ!」。とても食べ物を割った音とは思えん……。

画像画像 ためしに編集長に食べさせたらこんな感じになりました。「かてえええええ!」(編集長)

 とは言え、小さくしてしまえばなんとか食べられるレベル。奥歯でガジガジとかじっていると、素朴な甘さがじゅわーっと口の中に広がってきた。ちょっとパサパサするけど、乾パンよりも甘く、よりお菓子っぽい味です。

 なんでも地元では、子供のアゴを鍛えるために食べさせる家庭も多いのだとか。乾パンと同じく保存にも適しているので、災害に備えての非常食にもオススメだそうです。

 大正末期、八幡製鉄所の従業員用カロリー補給食として開発されたのが発祥という「くろがね堅パン」。この堅さ、一度味わってみる価値アリです!

関連キーワード

福岡 | おやつ/お菓子 | 健康 | 家庭


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー