ニュース
» 2012年07月11日 11時35分 UPDATE

宇宙にも肉球はあった――赤く輝く「猫の手星雲」

宇宙の肉球は美しかった。

[ITmedia]
ah_cat_paw.jpg Credit: ESO/R. Gendler & R.M. Hannahoe

 なんと宇宙にも肉球があった――ヨーロッパ南天天文台(ESO)が、「ネコの手星雲」の写真を公開した。

 写真は暗い宇宙をバックに、赤くふわふわした発光するガスの雲が見え、肉球のようだ。ネコの手星雲はさそり座にあり、地球からは約5500光年の距離。

 画像は観測所にある口径2.2 メートル望遠鏡の観測画像と、アマチュア天文家による0.4メートル望遠鏡による60時間の露出撮影を組み合わせたもの。アマチュアによる撮影が、大型望遠鏡の画像では得られなかった色彩情報を加えてこの画像ができたという。

関連キーワード

| 肉球 | 宇宙 | 望遠鏡


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー