ニュース
» 2012年07月12日 10時30分 UPDATE

ヒッグス粒子を音楽にしてみたらカリビアンな感じになる?

なんで音楽にしようと思ったんだろう……。

[ITmedia]

 スイス・ジュネーブ郊外の欧州合同原子核研究機関(CERN)が発表した「ヒッグス粒子」とみられる新粒子のニュースは、すべてのものに質量を与える素粒子の存在が実証された大々的に報じられました。Discovery Newsによると、この神の粒子とも言われる「ヒッグス粒子」がさっそく音楽になったようです。あれ? ヒッグス粒子ってそういうものでしたっけ?

画像

 これは「ヒッグス粒子」の観測データを譜面におこしたもので、計測値やその出現する間隔が音符に置き換わっているのだそう。やってみたら、なにやらキューバの舞曲・ハバネラに似たちょっとカリビアンなリズムになったそうです。

(聞きたい方はこちらからどうぞ)

 どうやら制作者はシンプルにピアノソロバージョンを作った後に、別のバージョンも作ろうとパーカッションやマリンバ、サクソフォーンなどを加えてしまったため、ハバネラ風な音楽になったようです。

 1964年にエディンバラ大学のピーター・ウェア・ヒッグス氏によって予言されて以来、実証されるまでに何十年もかかったヒッグス粒子ですが、まだ結論づけるには時期尚早との意見もあります。もし、新たな検証が必要という事態になり、また別のデータが収集できた際には、そのデータで第2章を作ってもらいたいものです。

関連キーワード

音楽 | キューバ | 研究機関 | 素粒子


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 懐かしき「面白Flash」時代、思い出に残る数々の名Flash作品を振り返ってみた

  1. これが画伯の力……! はいだしょうこ、草原で歌う爽やかなCMを一気に“画伯ワールド”へ引き込んでしまう
  2. くじ「BIG」で宇宙誕生レベルの奇跡が起こる 運営側「全くの偶然」 確率は0.0000000000000000000000000000001%以下
  3. ボーナスステージで壊されない……だと……!? ストIIとトヨタ「C-HR」がコラボ、車で一方的にボコられるベガ様をごらんください
  4. ビクセン公式Twitterが「けものフレンズ」ブームにのった宣伝で社長に呼び出される→説明を聞いた社長「アニメも観てみますね」とフレンズ化の道へ
  5. ちくわみたいなキツネがTwitterで話題に ぽっかり開けたお口と焼色に「ちくわにしか見えなくなった」
  6. “筋肉アイドル”才木玲佳のムキムキチャイナ服姿に「春麗だ」「かっこいい…でも…かわいい」と反響
  7. 天使な猫ちゃんに癒される ヒーターを消したら急須に移動した子猫がたまらないかわいさ
  8. 天敵に追われピンチになるも…… 「タコVSカニ」の戦いの結末が予想外だった
  9. 「なんだただの焼き立てロールパ……ん!?」 思わず二度見するロールパン状態の仔ギツネたちがかわいい
  10. 遊戯王カードに大きなルール変更 取引額暴落との噂も、ショップ店員「影響は2割程度のカードだけ」 ブックオフも買い取りを再開

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー