ニュース
» 2012年07月19日 17時44分 UPDATE

さて、問題です:億万長者は3人の花嫁候補の中で誰を選んだのでしょうか?

平行法で立体視できる人なら分かる画像が話題です。

[ITmedia]

 ある国一番の億万長者が花嫁候補を1人に絞るため、お嫁さん候補3人に1億ずつ渡し、1週間後にどう使ったか報告するよう頼みました――。こうして始まった億万長者の花嫁選び、彼は3人のうち、どの女性を選んだのでしょうか?

 これ、今年の春くらいにちらほらネットで見かけるようになったクイズのようでクイズではない、そして答えを知るとその肩すかしぶりに話題となった問題。それが、「この画像すげぇwwwww平行法で立体視できる人ならわかるよ!」と、投稿されたツイートから一気に拡散。スマートフォンやPCモニター越しにすでに3万人ほどが目をこらして立体視に挑戦しているようです。

画像 億万長者が誰を選んだのでしょうね。分かりました? 拡大するともう少し分かりやすくなりますよ

 察しのいい方に説明はいりませんが、拡散したツイートにあるように平行法で立体視に挑戦してみてください。平行法とは3Dアート作品など目の焦点を意図的に前後にずらして合わせて見る方法の1つ。視点を遠くに置きながら目の近くの画像を徐々に離していき左右の画像を中央で結ぶようなトレーニングをすることで習得できるようになるそうです。

 さて、実際平行法で立体視に挑戦してみると……。

 なるほど。億万長者さんはそういう星の人でしたか。ならしょうがないよね。皆さんは分かりましたか?

関連キーワード

立体視 | 結婚 | クイズ | Twitter | 3D


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー