新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年07月26日 19時23分 UPDATE

日本でもっともヒットしたキャッチコピーかもしれない「本日、土用丑の日」を超えられるか?

CMのキャッチコピー好感度が発表。なんか元気になる感じです。

[ITmedia]

 7月27日は「土用丑の日」。稚魚不漁などによる価格高騰もなんのその、夏バテ解消にうなぎを食べたいと思う方も多いはず。そもそも夏場にうなぎを食す風習は、発明家の平賀源内による「土用丑の日」というキャッチコピーに由来していると言われている。以後、300年以上も使われることになるこの不思議と食欲がわく魔法の言葉に負けないキャッチコピーはあるのだろうか?

 ビデオリサーチが毎月調査している「テレビコマーシャルカルテ」が、テレビCMのキャッチコピーの人気ランキングを発表した。

 それによると、男性の1位は「これからも元気ハツラツ!オロナミンC」(オロナミンC)、2位が「そうだ 京都、行こう。」(JR東海)、3位が「お、ねだん以上。ニトリ」(ニトリ)。女性の1位も「これからも元気ハツラツ!オロナミンC」(オロナミンC)、2位が「ジューシーおいしい果汁ハイチュウ」(森永製菓)、3位が「そうだ 京都、行こう。」(JR東海)という結果になった(集計期間は2011年1月〜2012年5月まで)。

画像

 ちなみに、1996年以降の集計を見ると、「お正月を写そう。」(富士写真フイルム)や「ピッカピカの一年生」(小学館)、「ねつのどはなに、ルルが効く〜」(第一三共ヘルスケア)などがランクインしている。確かにテレビでよく見て耳に残るフレーズばかり。何百年後も残る名コピーになるのだろうか?

関連キーワード

CM | キャッチコピー | うなぎ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事