ニュース
» 2012年08月01日 08時50分 UPDATE

美しくおいしい 野菜を栽培できる水槽 肥料は魚の排泄物

魚を鑑賞でき、野菜を栽培でき、癒やしにもなるコンパクトな水槽が開発された。

[DIGINFO TV]
DIGINFO TV

 NI帝人商事は、施設園芸・植物工場展2012において、セラピー型インテリアとしてデザインされたアクアポニックスを出展しました。

ah_digi1.jpgah_digi2.jpg

 アクアポニックスとは、魚を飼育する水槽と野菜を育てるプランターをパイプでつなげ、魚の排泄物を栄養分として植物に吸収させる閉鎖型の循環栽培のことで、これまでは、主にプラントなどで行われていました。

 水と観賞魚と野菜を一緒に観賞できるコンパクトな一体型デザインは、アクアリウムプロデュースの株式会社 a.a.c.によるものです。

魚の排泄物がバクテリアによって分解され、それが有機肥料となり、植物が育っていくというシステムです。アクアポニックスは、まだ日本国内では浸透していないので、ディスプレイとしてまず入って頂いて、コンセプトを理解されたらもっと広がるのではないかという思いで作りました。

 魚の排泄物を植物が消費するので、水槽の水換え回数を減らすことができます。さらに、栽培した野菜は食べる事もできるので、ディスプレイとしての演出効果以外にもメリットがあります。

インテリアとしては、癒しというのが入り口かなと思っておりましたので、曲面を使うことで暖かなイメージと安全性を考えて、角を置かないようにしました。光もちゃんと届いて、植物も育つし、魚も綺麗に見えるように作りました。

今はレタスを使っていますが、普通にお花も栽培できます。有機野菜を使ったり癒しをテーマにしたカフェや老人ホームや病院を想定しています。お年寄りや外に出られない患者さんが屋内で野菜を植えることができるので、癒しとして良いのではと思います。

 このタイプは30万円で販売予定で、その後はオーダー品にも対応していく予定です。

ah_digi3.jpg
ah_digi4.jpg

関連キーワード

水族館 | 野菜 | 癒し


Copyright(c) 2017 Digitized Information, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう