新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年08月01日 11時32分 UPDATE

「タニタ食堂」監修のおやつ登場 「ばかうけ」の栗山米菓から

タニタ食堂監修のもと、「食べすぎを防ぎ、おやつと上手に付き合う」をコンセプトにした「間食健美」シリーズが登場する。堅さや大きさなど、食べ過ぎ防止の工夫がなされている。

[ITmedia]

 体組成計でおなじみのタニタが運営する「タニタ食堂」監修のおやつが、「ばかうけ」で知られる栗山米菓から9月3日、発売される。

ah_tanita1.jpgah_tanita2.jpg

 「間食健美」シリーズとして展開し、第1弾は「黒ごま」「十六穀」の2品(いずれも希望小売価格250円)。米の生地におからを練り込み、それぞれ黒ごま・十六穀を練り込んで焼き上げ、醤油で味付けした。

 同シリーズは「食べすぎを防ぎ、おやつと上手に付き合う」「からだに良いものをおいしく食べる」がメインコンセプト。噛みごたえのある堅さにして、咀嚼回数を増やすことで満腹感を得られやすくしたほか、あっさりした味付けと二口で食べられるサイズで食べ過ぎを防ぐという。約8枚入り×6袋という包装形態も、包装を開ける手間が食べすぎの抑制につながるとしている。黒ごま、十六穀と体に良い栄養分も入っている。

 1袋当たりのカロリーは黒ごまで65キロカロリー、十六穀で63キロカロリー。ちなみに1日に摂取するおやつの適正カロリーは1日に摂取する適正カロリーの10%程度で、成人女性の場合180キロカロリー以下。

関連キーワード

タニタ | カロリー | おやつ/お菓子 | 健康


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事