新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年08月06日 20時37分 UPDATE

タイトルも中身も見ないで書き出しで選ぼう 紀伊国屋書店が「ほんのまくらフェア」

「メロスは激怒した」「国境のトンネルを抜けると」――最初の1文だけで本を選ぶという試み。

[ITmedia]

 紀伊国屋書店・新宿本店が「ほんのまくら」フェアと題したユニークな企画を実施しています。本に、「まくら」(=出だしの文章)のみをプリントしたオリジナルカバーをかけ、タイトルや中身が分からないようにして販売するという試みです。

画像

 「国境のトンネルを抜けると〜」「ゆく河の流れは絶えずして〜」「メロスは激怒した」「桜の樹の下には〜」など、有名な「まくら」はたくさんありますが、本を選ぶときには意外と気にしていないもの。だからこそ味わおう、という意図で企画されたそうです。

 作家が一生懸命考えたであろう、熱のこもった書き出しから、物語を想像し、感覚を研ぎ澄まして、これぞという1冊を選べば「きっと不思議な本との出会いが待っているはず」。開催期間は8月25日まで。Twitterでも気になる本のまくらを不定期に紹介するとのことです。

画像

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事