ニュース
» 2012年08月11日 13時00分 UPDATE

これは圧巻 25万冊の本で作った巨大な迷路

本好きにとっては、本に囲まれる素晴らしい空間かもしれない。

[ITmedia]

 使った本は25万冊――本で作った大きな迷路「aMAZEme」が英ロンドンで展示されています。

ah_maze1.jpg 本の迷路

 この迷路は、アーティストのMarcos Saboya氏とGualter Pupo氏が、London 2012 Festivalに合わせ、芸術関連複合施設サウス・バンク・センターに作った作品。本を積み上げて作った壁は最高で2.5メートルに及び、広さは500平方メートルになります。来場者は迷路の中を歩くことができます。内側から見上げる本の壁はきっと圧巻でしょう。

ah_maze2.jpg 圧倒される内側からの眺め(Oxfam公式ブログより)

 25万冊のうち15万冊はチャリティー団体Oxfamから借りたもので、残りは国内の出版社から贈られたものです。展示は8月26日に終了し、本はすべてOxfamに寄付されるそうです。

関連キーワード

芸術 | アーティスト


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー