ニュース
» 2012年08月14日 18時21分 UPDATE

ロンドン五輪中、Googleでもっとも検索された選手は誰?

ブラックサンダー好きのあの選手と声優を夢みるあの選手です。

[ITmedia]

 先日、熱い戦いに幕を下ろしたロンドンオリンピックの期間中、Googleでもっとも検索された競技名と選手名が明らかになった。

 Google広報部のブログによると、競技ではサッカーがもっとも多く、バトミントン、レスリングと続く。選手名では男子は体操の内村航平選手、女子では水泳の鈴木聡美選手がもっとも検索されている。

画像 競技はサッカーがトップ

 内村選手は男子団体総合で銀メダル、男子個人総合で金メダル、そしてゆかでも銀メダルを獲得。鈴木選手は女子100メートル平泳ぎで銅メダル、続く女子200メートル平泳ぎで銀メダルを獲得。女子4×100メートルメドレーリレーでも銅メダルを獲得している。検索して内村選手がブラックサンダー好きだったり、鈴木選手が「戦国BASARA」のファンで声優を夢みていることを知った方も多かったのではないだろうか

 大会開始直後に「オリンピック」の検索ボリュームが増え、その後男女競泳メドレーリレーがメダルを獲得した8月4日頃と、卓球女子団体が銀メダルを獲得した時、そして男子サッカーがメキシコに敗れた8月7日に検索が増えたようだ。

画像 「オリンピック」を検索した人、手を挙げて

関連キーワード

検索 | Google | ロンドンオリンピック


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー