ニュース
» 2012年08月17日 16時43分 UPDATE

発言小町っぽい? ヘーベルハウス広告「2.5世帯住宅ものがたり」が面白いと話題に

両親との同居を考える吉田孝則(35歳)は実家暮らしの姉の説得に向かうが……!

[ITmedia]

 旭化成ホームズが展開するヘーベルハウスの新商品「2.5世帯住宅」。その新聞広告「2.5世帯ものがたり」の連載が8月13日から始まり、面白いとTwitterユーザーなどのあいだで注目を集めているようです。

 2.5世帯住宅とは、親世帯と子世帯、単身の兄弟姉妹がともに暮らす“2世帯住宅の進化型”。広告は、そんな新しい同居の形をストーリー仕立てで紹介しているのですが、設定や内容に突っ込みどころが多いと話題に。掲示板サイト「発言小町」の“釣りトピ”のようだといった声も上がっています。

画像 Webでも公開されています

 2.5世帯ものがたりの主人公は、吉田孝則(35歳)。現在は3歳下の妻、6歳の長男、4歳の長女と4人暮らしですが、両親との2世帯同居を真剣に考えており、両親はおおむね同意してくれています。ただ1つの懸念は、実家に暮らす「今年38になる独身の姉」が同居を受け入れてくれるのかという点。そこで孝則は姉の説得に向かいます。

 「オシャレも恋愛も自由に謳歌する現役ガール」である姉に対し、「好きだろ? 昔から時代の先取り」と、新しい同居の形である2.5世帯同居を認めてもらうつもりでいる孝則。ちなみに自宅を新築する資金は姉に援助してもらう作戦で、「実家暮らしだし貯えはあるはずだ」と企んでいます。おいおい!

 孝則の脳天気ぶりはまだ続きます。同居話を進める際に、父から「恵さん(注:主人公の妻)はどうなんだ?」と心配されたところ「恵も(16万円のブランドバックで)まあ前向きだよ」と気軽に返事するなど、釣り針にしか見えない要素が多く盛り込まれています。

 一方で姉は「『叔母さん』と書いて『おネエさん』と読む! この家に金輪際『オバさん』は存在しません!」と高らかに宣言するなど、気合いの入ったキャラ。孝則から「2.5世帯で暮らさないか」と打ち明けられ、黙り込みます。続く沈黙。そして……という感じで、8月17日現在は5話まで公開されています。

 これらに対し、ネット上では「ああ、この設定で、発言小町にトピを立てたい!」「小町で燃える要素が全て入っています」との声が上がり、もし発言小町なら「奥さんにまともな説明をせず、義両親と小姑との同居を“ブランドバッグ一つで手打ち”なんてバカにしている!」といったレスがつくのでは――と予想している人(Togetterのまとめ)も。発言小町では今のところ話題になっていないようですが、物語の内容と併せて今後の展開が気になります。

画像 家族問題に関する投稿が多い発言小町を連想した人がたくさんいたようで、Togetterにはまとめ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー