新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年08月22日 11時34分 UPDATE

お肉や、あぁお肉や、お肉やぁいぇい!:肉食の皆さん急げ! 東京に「お肉の細道」ができました

“お肉”は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也……。お肉を求めて、「おくのほそ道」ならぬ「おにくのほそ道」へと足を踏み入れた。

[北本祐子,ITmedia]

 「奥の細道」といえば、俳人・松尾芭蕉による紀行文。弟子とともに江戸を出発し、東北から北陸へと旅する様を記しているが、東京駅にはまた別の「細道」がある。その名も「お肉の細道」。大丸東京店の地下食品フロア「ほっぺタウン」の増床にともない、こだわりの肉メニューを提供するコーナーとなっている。

画像 「肉の細道」は、弁当コーナーの一番端にある。取材当日はオープン前なので匂いはしなかったが、あらゆる肉汁の匂いあふれる一角となることだろう

 「肉の細道」がこだわっているのは、できたてのお肉を一番おいしく提供するという点だ。そのため、いずれの店舗にも厨房を併設し、できたてのものを提供する。そのラインアップも秀逸だ。大丸東京店食品部の富士川直樹さんによると「お肉と言ったらどこだ?」という店舗ばかり揃えたという。中でも、大行列となりそうなのが、ミート矢澤だろう。

画像 五反田の名店の店を東京駅で買えるのは出張時や観光帰りにも便利。だが、さくっと買えるというのは厳しいと予想される

 東京の山手線の五反田駅近くに店を構えるミート矢澤は、ステーキ・ハンバーグ専門店。連日行列ができる人気店が今回百貨店に初出店した。こちらでは厳選黒毛和牛100%のハンバーグ弁当やステーキ弁当が販売される。すべて注文を受けてから焼きあげるため、行列は確実だ。しかし、その価値がある味であることはいうまでもない。

 注目したいのが、お弁当の価格帯の幅だ。ハンバーグ弁当(1500円)から、ヤザワミート厳選A5ランクステーキ弁当が3500円から6800円までのものまである時点でデパ地下弁当ではかなり高額クラス。しかし、さらに上をいく「贅沢弁当」(7600円)と、極味弁当(9600円)まであるのだ。

画像 テイクアウトの弁当の域を超える価格表

画像 極味弁当のサンプル。総カロリー数はすごいことになりそうだ

 ちなみに、極味弁当の中身は、サーロインステーキ、シャトーブリアンステーキ、黒毛和牛ハンバーグにサラダ。女性誌では「自分のためのごほうび」という言葉がちょっと高めのものを紹介する記事の見出しにしばしば使われているが、男のごほうびとしてひとつチャレンジしてみてはどうだろうか。もちろん、女性もぜひ。

 その隣には、系列店であるハンバーガー店「ブラッカウズ」があるが、こちらも百貨店初出店。一口では到底かぶりつけない高さのハンバーガーが並ぶ。同様に注文後作られるので、あつあつを食べられる。

画像 絶品パンは「メゾンカイザー」との共同開発。それに黒毛和牛のハンバーグが挟まれている。こちらもサンプル

 肉といっても、もちろん牛肉だけではない。東京・人形町の有名鶏料理店「玉ひで」の八代目による唐揚げ専門店「たまひで からっ鳥」が初オープン。こちらではてんぷらのように軽く揚げた唐揚げ弁当(900円)が食べられる。

画像 言うまでもなく、こちらも店内の厨房で作られた揚げたてを入れている。こちらの写真は本物だ

 このほか、高級焼き肉の代名詞的存在の「叙々苑」や、仙台の名店「牛たん かねざき」、「韓カルビ 大雲」、「洋食や 三代目 たいめんけん」が並ぶ。

 しかし、お肉の細道なんていうがっつり系がデパ地下に……なんて思っていたら、これだけで終わらなかった。その隣には、全長60メートルのお弁当ストリート。23店舗が並ぶなかに発見したのが、「男の惣菜 百膳」。惣菜というと野菜を使ったメニューをメインにプラスするために添えるものという印象があるが、ここの総菜はかなりのがっつり、肉系も豊富に揃う。

画像

 並ぶメニューのネーミングも濃い。「手塩にかけた俺のチャーシュー」、「タンドリーと照り焼きの出会い」、「伊達鶏のBBQ劇場」などなど。箱めしというパッケージに入ったごはんもの1個と惣菜2個セットで880円で買えるお得なセットもある。すべておひとり様用サイズの個食になっている。

画像 メニューもまるで居酒屋のよう

画像 一角で繰り広げられる東西煮込み対決。江戸と浪花、どちらが旨いか食べ比べてみては?

 さて、ここまで大丸東京店の地下ががっつり男飯系が充実した様子をお届けしたが、もちろんデパ地下の花であるスイーツも拡充している。日本出店のベルギーの老舗焼き菓子店「メゾン・ダンドワ」や、東京大丸店と羽田空港店のみで販売される「東京ばな奈」の東京ばなな ばな奈プリン味など、こちらにも人気が集まりそうだ。

画像 ベルギーといえば、やはりワッフル。メゾン・ダンドワでは、バターたっぷりふわふわ生地のブリュッセルワッフルと外がカリっと焼きあげられたリエージュワッフルの2種類を販売する

画像 東京スカイツリー店に続く、変わり種東京ばな奈の第二弾。表面はきりん柄、中にはバナナキャラメルカスタードクリームが入っている

大丸東京店

所在地:東京都千代田区丸の内1-9-1

営業時間:午前10時〜午後8時 ※木・金曜日(祝日を除く)の全館および平日の地階・1階は午後9時まで


関連キーワード

弁当 | | ハンバーガー | 惣菜 | 百貨店 | 焼肉 | 丸の内


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事