ニュース
» 2012年08月24日 18時42分 UPDATE

野田総理、竹島・尖閣問題で会見「遺憾の極み」「不退転の覚悟で臨む」

今後は領土問題に対応するため、政府側の体制強化も検討する。

[ITmedia]

 野田佳彦総理は8月24日、午後6時から行われた臨時記者会見で、竹島・尖閣諸島問題について「我が国の主権に関わる事案」であり、遺憾の極みであると表明した。今後は「毅然とした態度で冷静沈着に、不退転の覚悟で臨む」という。会見の様子はニコニコ生放送でも中継された。

画像

 竹島問題については「歴史的にも国際法的にも、日本の領土であることは何の疑いもありません」とし、韓国の主張は「根拠があいまいで、裏付けとなる証拠もない」と両断。今後は「国際司法裁判所の場で議論を戦わせ決着をつけるのが王道」であると、韓国側に粘り強く提案していく。また領土問題に対応するため、政府側の体制強化も検討するという。

 尖閣諸島問題についても同様に、今回のような不正上陸事件を繰り返さないため、総力をあげて周辺海域の監視警戒にあたっていきたいと述べた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー