ニュース
» 2012年08月27日 14時26分 UPDATE

Twitter、ヤフーら4社が「ソーシャル防災訓練」 ソーシャルメディアを使って指定場所まで避難せよ!

災害時にソーシャルメディアをかしこく利用し、正しく行動するためのマナーやルールを学ぶ。

[ITmedia]

 ヤフー、Twitter、J-WAVE、森ビルが「第1回ソーシャル防災訓練」を9月19日に都内・六本木で実施する。東日本大震災発生時に大きな役割を果たしたソーシャルメディアだが、あふれる情報の量は膨大。災害時にソーシャルメディアをかしこく利用し、正しく行動するためのマナーやルールを訓練で学ぼう。

画像

 イベントは2部構成で、前半は「ソーシャルメディアを活用した避難訓練」(午前10時〜午後0時30分)。大規模地震が発生したと想定し、ヤフーの「防災速報」アプリ(iPhone/Android)やTwitterを活用して、当日発表される指定場所まで避難。災害時に危険かもしれない場所の写真や出来事をツイートしながらゴールを目指す。

 後半は「防災レクチャー会」(午後1時〜午後2時)を開催する。ゴール地点となる会場で当日の避難訓練の模様をツイートや写真で振り返る。普段は一般公開していない、東京の巨大ジオラマ(森ビル制作)を間近で見ながら、防災を学べる。参加者には記念グッズや非常食のプレゼントも。

 募集人数は100人。応募するには、Twitterで「Yahoo!天気・災害アカウント(@Yahoo_weather)」をフォローし、参加表明をハッシュタグ「#ソーシャル防災訓練」付きでツイート。抽選で選ばれる。

画像 当日利用する防災速報アプリ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー