新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年08月29日 20時58分 UPDATE

モスバーガーで使われている野菜を店頭販売へ

モスフードサービスは、「モスの生野菜」を中心に、国産生野菜の店頭販売を9月11日より開始する。

[ITmedia]

 モスフードサービスは9月11日より、モスバーガー店舗で農薬や化学肥料に極力頼らない方法で栽培された野菜「モスの生野菜」を中心とした国産生野菜の販売を開始する。

画像

 モスフードサービスには野菜専門部署であるアグリ事業グループがあり、日本全国114産地、約3100軒の協力農家にて、農薬や化学肥料に極力頼らない野菜を栽培している。通常は食材として納入されているものを、ユーザーの声に応える形で販売することになった。納品される生野菜は、店内の黒板などを通じて、生産地と生産者を開示し販売されることになる。

 販売店舗は首都圏の大崎店、横浜桜木町店などの約10店舗から開始。まずは、ハンバーガーやサラダで使用しているトマト、レタス、タマネギ、キャベツ、サニーレタスと協力農家栽培のレモンの6品目が対象となる。価格は、全店舗で同一価格を予定している。価格は以下のとおり。

  • トマト 180円
  • レタス 250円
  • タマネギ 100円
  • キャベツ 280円
  • サニーレタス 250円
  • レモン 120円

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事