ニュース
» 2012年09月03日 15時05分 UPDATE

「別れにつながる機能は徹底排除」 恋人限定SNSアプリ「Pairy」のこだわり

注目を集めつつある、2人だけで使うリア充専用SNSアプリ。そんなアプリの1つ「Pairy」は恋人間のネガティブな要素をとことん排除している。

[岡徳之,ITmedia]

 「恋人からのメールは別フォルダで分けていた」という人は多いのではないだろうか? 恋人からのメールはそれだけでまとめておいて、ふとしたときに読みかえしたいときもあるだろう。また、フォルダを2人だけで共有しているという感覚もうれしい。スマートフォンが普及し、今では恋人間のコミュニケーションもメールだけではなくなった。面白い写真が撮れたので恋人に見せたい、旅行先での動画も2人だけで共有したい。2人の間のやりとりはよりリッチなものになってくる。

 スマートフォンの普及を背景に登場し、注目を集めつつあるのが、恋人限定SNSアプリ。文字通り恋人同士、つまり2人だけで使うSNSアプリだ。ソーシャルメディア上で恋人とやり取りするのをためらうカップルからの需要もあるようだ。海外では「Pair」「Between」など恋人限定SNSアプリが既にいくつかあり、スマートフォンアプリのカテゴリーとしてすでに確立している。

2人の世界を作れる恋人限定SNS

 日本では「Pairy(ペアリー)」というiPhoneアプリが知られている(Android版は近日公開予定)。恋人限定SNSとはどのようなものだろうか。

ah_01.jpg Pairy

 Pairyの特徴的な機能は3つ。「タイムライン」「チャット」「ペアプロフ」だ。

ah_02.jpgah_03.jpgah_04.jpg 左からタイムライン、チャット、ペアプロフ

 「タイムライン」は、やり取りした写真やテキストを時系列で記録する機能。アプリとFacebook・Twitter・ブログを連携させることで、友人に投稿を見られることなくコメントやLike(いいね!)を付けることもできる。ソーシャルメディア上で恋人とやり取りして、冷やかされたくないという人には嬉しい。

 「チャット」はタイムラインよりもインスタントなやり取りをしたいときに使える。LINEで爆発的な人気を博し、いまや定番となりつつあるスタンプも送れる。オリジナルキャラクター「ごめんナスちゃん」がゆるかわだ。

 「ペアプロフ」は2人の出会った日、初デートの場所、指輪や靴のサイズ、オススメしたいものなど、自分や2人に関係する情報を共有しておく機能。ここに入力されている情報をもとにPairyが2人の記念日をお知らせしてくれる。

 Pairyは、普段の何気ないやり取りを助けてくれると同時に、2人のやり取りをアーカイブしてくれる。ふとしたときに恋人とのやりとりを振り返りたいときにはとても便利そうだ。

別れにつながる機能は徹底排除

 Pairyを運営するのは博報堂とDeNA出身の3人によるTIMERS。同社の代表でデザイナーの高橋才将さんに、Pairyを開発するに至った背景について聞いてみた。

 「なにか自分たちでサービスを作りたいと思っていたが、あまり技術に寄ったギーク向けサービスはしっくりこなかった」と語る高橋さん。そこで自分たちで作るなら、以下の3つの条件を満たしたものにしようということになった。1つ目は「昔から変わらず存在するニーズがあること」。恋愛という元々リアルで存在していたコミュニケーションを助けるサービスに絞った理由はここにある。2つ目は、「将来的にマネタイズを狙えるようなものであること」、そして3つ目は「ポジティブなサービスであること」だ。

ah_05.JPG オフィスにあるテラス席で開発することもあるそう

 Pairyの企画開発においてのこだわりは、「恋人間のネガティブなやりとりにつながる機能は徹底的に排除すること」だそうだ。例えば、カレンダー共有機能を実装しようという話もあったが、恋人同士がお互いの予定を見られることで窮屈になることもあるだろうと判断した。また、チェックイン機能も先日のアップデートで取り除いたという。これも、お互いの位置情報の投稿を強制させるような使用方法を懸念したからだ。Pairyはあくまでも恋人間のポジティブなコミュニケーションを助けようとしている。

 実際の恋人からアプリに対する要望をもらったり、ユーザーヒアリングを重ねることで、日々サービスを改善しているそうだ。もちろん高橋さんら自身でもPairyを使っており、COOの田和晃一郎さんは彼女ができるまでは、高橋さんと2人でPairyを使っていたという。

 Android版のリリース後には、カップルにより素敵な体験をしてもらえる新機能の実装も控えている(内容はリリースされてからのお楽しみという)。「チャットの返信を待っている間でも、相手のことを想う時間を過ごせる機能がついています。また、そこから今までに無いコミュニケーションも、たくさん生まれます。Pairyを使えば、いちゃつきたいカップルも、そうでないカップルも、よりよい関係が築けるようになる、そんなサービスを目指してます」と田和さんは語る。

ah_06.JPG TIMERSの3人。左から椎名アマドさん、高橋さん、田和さん

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー