新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年09月04日 19時06分 UPDATE

北陸新幹線の新型車両デザイン発表 「和」テーマにJR東西が開発

新型車両は空の青さを表す空色や日本の伝統工芸の銅器の銅色などを取り入れている。

[ITmedia]

 JR東日本とJR西日本は9月4日、北陸新幹線の金沢開業に向け、新型新幹線車両を共同開発するとし、車両デザインを発表した。

ah_sinkansen1.jpg 新型車両

 12両編成で、車両デザインは「和」がキーワード。シンプルな流線形で白がベース。車体上部は空の青さを表す空色、車体は日本的な気品や落ち着きを表現するアイボリーホワイト、車体中央の帯色は日本の伝統工芸の銅器の銅色と空の青さをモチーフにした色を使っている。内装も伝統や落ち着きのある和を意識したデザインになっている。

ah_shinkansen2.jpg グランクラス

 ファーストクラス「グランクラス」を導入するほか、バリアフリー設備の充実、客室への電源コンセント設置、車内の全ての洋式トイレに温水洗浄機能付便座を設置するなどサービス設備の充実を目指す。

ah_shinkansen3.jpg グリーン車

 営業最高速度は時速260キロメートル。金沢開業は2014年度末を予定している。

ah_shinkansen4.jpg 普通車

関連キーワード

JRグループ | 新幹線


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事