新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年09月04日 21時38分 UPDATE

「ココロコネクト」炎上に公式が再度お詫び 「配慮の欠けた演出」「深く反省いたします」

前回よりも詳細な説明。これでようやく収束か?

[ITmedia]

 アニメ「ココロコネクト」の炎上について、公式サイトは9月4日、再度お詫び文を掲載し「深く反省いたします。申し訳ありませんでした」と謝罪した。同サイトでは9月2日にもお詫び文を掲載していたが、やや言葉足らずな部分があり、さらなる炎上につながっていた。

画像 ココロコネクト プロモーション内容に関するお詫び

 問題視されていたドッキリ企画については、当初より市来光弘さんに「宣伝キャンペーンの象徴となっていただき、スタート時は苦戦すれども、スタッフとの絆や市来さんの頑張りにより、番組の宣伝が盛り上がり、プロモーション自体がひとつの物語として完結」することを目指していたと説明。しかし、「配慮の欠けた演出によりこちらの企画意図をしっかりとお届けすることができず、多くの皆様のご気分を害する結果」になってしまったとあらためて謝罪した。また低周波治療器を使った罰ゲームシーンについても、「企画制作サイドの指示による過剰演出」だったと説明している。

画像 公式サイトより、宣伝キャンペーンのリポート

 併せて、市来さんの本編への出演が14話以降に決まっていることも発表された。また9月のキャラバン企画内で、市来さんへの最終的なタネあかしや、さらなるサプライズ発表も行われる予定だったとしており、最後は市来さんの本編出演決定という形で締めくくる流れだったものと推測される。

 「2度目の公式謝罪」という異例の事態になったが、最初のお詫び文よりも詳細な説明となっており、好意的に受け止めている人も少なくないようだ。いまだに非難の声も根強いとは言え、Twitterでは「これで収束か」「やっとまともな謝罪文がでた」といった声も見られた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事