ニュース
» 2012年09月06日 22時28分 UPDATE

西日本でセアカゴケグモ報告相次ぐ 尼崎では100匹以上も

尼崎のほか福岡、香川などでも。

[ITmedia]

 9月3日ごろから今日にかけ、福岡、香川、兵庫など西日本を中心にセアカゴケグモの目撃報告が相次いでいるようです。兵庫県尼崎市では100匹以上の目撃例もあったと新聞、テレビなどで報じられました。

画像 セアカゴケグモ(Wikipediaより

 セアカゴケグモはオーストラリアを原産とする毒グモの一種。体は真っ黒で背中に赤い模様があり、咬まれると痛みや発汗、発熱などの症状を引き起こします。福岡市では86歳の女性が咬まれ、4日に緊急駆除が行われたとのこと。

 福岡市以外にも、3日には香川県坂出市、6日には兵庫県尼崎市と、セアカゴケグモの目撃が相次ぎました。尼崎市はすぐに駆除を行いましたが、しばらくの間は注意が必要になりそうです。

関連キーワード

駆除 | 日本 | 西日本


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう