ニュース
» 2012年09月11日 17時39分 UPDATE

おねぇさぁぁぁぁぁん! 日本科学未来館のアニメに狂気が宿っていると話題に

それでもね。私はみんなに「組み合わせ爆発のすごさ」を教えたいの! 止めないで!

[ITmedia]

 日本科学未来館で展示されている「フカシギの数え方」。そこで上映されているアニメが壮絶すぎると話題になっています。動画はYouTubeでも公開中。

 このアニメは、数えるものが少し増えただけで膨大な組み合わせが生まれる「組み合わせ爆発」を分かりやすく解説したもの。マス目上での点から点への通り方を例に、おねえさんと子供たちが実際に数を数えていくのですが……。


画像 奇跡のカーニバル、開幕だ

画像 スタートからゴールまで何通りの行き方があるかを数えます

画像 答えは2通り。簡単だね!

画像 じゃあ2×2だと?

画像 12通りあります。まだ理解可能

 最初は平和的に始まったアニメでしたが、すぐに我々は組み合わせ爆発のすごさを思い知ることになります。3×3マスでは184通り、4×4マスではなんと8512通りの通り方が生まれてしまうとのこと。


画像 必死に数えまくるおねえさん。

画像 8512パターンを自力で見つけだすおねえさん。あんたすげえよ!

 ここまで手作業で数えてきたおねえさんですが、5×5マスからは計算をパソコンに任せることに。パソコンあったなら最初から使えばいいのに!


画像 激闘の末、腕が上がらなくなってしまったおねえさん

画像 「わっしょいわっしょい!」とパソコンを応援する一同

 5×5マスでは126万2816通り、6×6マスでは5億7578万564通りという結果。とてつもない数字が弾き出されましたがおねえさんの挑戦は止まりません。ついにスーパーコンピュータを使って7×7マス以降の計算を開始します。


画像 当たり前のように登場するスーパーコンピュータ

画像 8×8マスの結果

 しかし組み合わせ爆発の力はすさまじく、スーパーコンピュータを使っても8×8マスの計算には4時間を必要とします。待ちくたびれて寝てしまった子供たちに「3266兆5984億8698万1642通り!」と爽やかに告げるおねえさん。そして、「次は2、3日はかかっちゃうかもね」と言って9×9マスの計算を開始するのですが……。


画像 「2、3日はかかっちゃうかもね」

画像 6年後

 6年かかっちゃいました。ええー!? しかしおねえさんは驚いた様子も見せず「皆大きくなったわね! さぁ授業を始めるよ!」と元気一杯。もう目が完全にマッドサイエンティストです。


画像 常軌を逸してしまったおねえさん

画像 ドン引きする子供たち

 9×9マスでは4104京4208兆7026億3249万6804通り。「もうそういう次元の話じゃないだろ……」と唖然とする子供たちを尻目に、おねえさんは「次は10×10よ!」と意気込みます。当然子供たちはおねえさんを止めます。しかし、おねえさんの決意は揺らぎません。

画像 もうやめろおねえさん! それ以上通り方を計算したら死んでしまうぞっ!

画像 ……わかっているわ

画像 えっ……?

画像 止めないで!

画像 おねぇさぁーん!

 組み合わせ爆発のすごさを伝えるために、自分の生涯をかける覚悟を決めたおねえさん。動き出してしまった物語の歯車はもはや誰にも止めることはできないのです。


画像 25万年後

画像 ロボとなり計算を続けていたおねえさん

画像 おねえさんの挑戦は終わらない……

 それから25万年後、そこにはロボとなり計算を続けていたおねえさんの姿がありました。結果は1ジョ5687垓5803京464兆7500億1321万4100通り。しかし、既にそれを伝える相手はこの世にいませんでした。それでも、おねえさんは星空を見つめながら、静かに次の計算を始めるのです……。

 ちなみにこの動画のスパコンでは毎秒2000億通りの経路を探し出せると仮定していますが、最先端のアルゴリズム技術を使うと、同じ問題をたった数秒で数え上げることができるそうです。な、なんだってー!?


画像 かがくのちからってすげー!

画像 それでも組み合わせ爆発のすごさが分かったのはおねえさんのおかげです。ありがとう、おねえさん!

ねとらぼの公式Twitterアカウントでは、話題の記事をリアルタイムで配信しています。ぜひ@itm_nlabをフォローください!

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー