新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年09月13日 14時56分 UPDATE

DL販売サイトでアニメ無断配信 原作者の渡辺浩弐氏が法的措置へ

アニメ「プラトニックチェーン」の無断配信に対し、原作者の渡辺浩弐さんが法的措置を検討している。

[ITmedia]

 渡辺浩弐氏原作のアニメ「プラトニックチェーン」が、エイシスの運営する「DLsite.com」、アットリンクスの運営する「Digiket.com」などのダウンロード販売サイトで無断配信されていた件で、渡辺氏が法的措置に踏み切る姿勢を見せています。詳しい経緯はTogetterでもまとめられています


 フォロワーのツイートをきっかけに「プラトニックチェーン」が無断で有料配信されているのを知った渡辺氏。「僕は著作権者の一人ですが許諾した覚えがありません」と表明すると、これに対し「DLsite.com」のアカウントが「担当に確認したところ、データ納品元より配信停止依頼が来ており、現在配信停止対応途中のことでした。もし何かあればお電話やメールでお気軽にお問い合わせください」と返信。しかし渡辺氏は「『お電話やメール』ではなく法的措置にて、『お気軽に』ではなく深刻に、アクションを起こそうと思います」と、厳しく対応する姿勢を見せました。

画像 DLsite.comの「プラトニックチェーン」販売ページ。渡辺氏がTwitterで反応すると、すぐに動画は取り下げられた模様


「DLsite.com」は作品の委託販売を担当するサイトであり、各作品の著作権処理については曖昧な部分が多いのが現状。渡辺氏は日刊SPA!のコラム「渡辺浩弐の日々是コージ中」にて、「『弊社は販売店』という逃げ口上に驚愕しました」「これでは日本の著作権ビジネスは崩壊します」などと配信プラットフォーム側の著作権管理を問題視し、「この事態を是正する方法として、刑事事件として成立させることを、今は考えています」と意思表示しています。

 ネット上では「訴える相手は勝手に売った奴であるべきでは」「配信業者にはそうならないように対策を講じる義務はあるはず」などと賛否両論の議論に発展。複雑化する著作権問題を考える上で今後の展開に注目が集まっています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事