新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年09月13日 17時49分 UPDATE

ベーシック/プレミアムの違いは? 「Wii Uプレゼンテーション」詳細まとめ

同時発売予定のソフト、周辺機器の価格も明らかに。

[ITmedia]

 速報でお伝えしたとおり、任天堂は9月13日、同社の新型据え置きゲーム機「Wii U」の価格および発売日を正式発表した。

 ベーシックセットとプレミアムセットの2バージョン同時発売で、価格はベーシックセットが2万6250円、プレミアムセットが3万1500円。発売日は2012年12月8日予定。

画像画像 ベーシックセット(左/ホワイトモデル)とプレミアムセット(右/ブラックモデル)、

 最大の違いは内蔵フラッシュメモリーの容量で、ベーシックセットのWii U本体には8GB、プレミアムセットの場合は32GBのフラッシュメモリーがあらかじめ内蔵される。またセットによって本体・周辺機器のカラーも異なっており、ベーシックセットのホワイトに対し、プレミアムセットではブラックの本体・周辺機器が付属する形となる。

 両セット共通で同梱されるのは、「Wii U本体」「Wii U GamePad(1個)」「Wii U本体用ACアダプター」「Wii U GamePad用ACアダプター」「HDMIケーブル」の5つ。プレミアムセットではさらに「Wii U本体 縦置きスタンド」、「Wii U GamePad 充電スタンド」、「Wii U GamePad プレイスタンド」の3つが付属するとのこと。

画像画像 Wii U本体

画像画像画像画像 Wii U GamePad

画像画像画像 Wii U本体 縦置きスタンド、Wii U GamePad 充電スタンド、Wii U GamePad プレイスタンドの3点はプレミアムセットのみ同梱

 また、プレミアムセット購入者限定サービスとして「Nintendo Network Premium」も用意される。こちらは2014年12月末までの限定サービスで、デジタル販売の価格に対し約10%をポイントで還元し、500ポイント単位でニンテンドープリペイド番号と交換できるというもの。ダウンロード販売を多く利用する人にとっては、長い目で見た場合、プレミアムセットの方がベーシックセットよりも安くなるケースもありそうだ。

画像

 併せて、同時発売予定のソフトおよび周辺機器についても発表された。

 ソフト面では、「New スーパーマリオブラザーズ U」と「ニンテンドーランド」の2タイトルが発表に。価格は「New スーパーマリオブラザーズ U」が5985円、「ニンテンドーランド」が4935円。岩田社長によると、ローンチタイトルで「スーパーマリオ」を投入するのは、ニンテンドー64以来およそ15年ぶりとのこと。

画像 同時発売が正式に発表された2タイトル

画像画像 New スーパーマリオブラザーズ U

画像画像 ニンテンドーランド

 「Wii U GamePad」単体での販売価格は1万3440円と発表された。セットにはあらかじめ1台が同梱されているが、Wii Uには最大2台の「Wii U GamePad」を接続することができ、来年以降、2台の「Wii U GamePad」を使ったゲームも予定しているとのこと。その他の周辺機器については以下のとおり。

画像 追加購入用の「Wii U GamePad」は1万3440円

画像 「Wii U PROコントローラー」は白、黒の2色展開で各5040円

画像 「Wiiリモコンプラス」は白、黒、赤、青、ピンクの5色展開。各3800円

画像 ヌンチャクは白、黒、赤の3色。各1800円

画像 「Wii U 本体縦置きスタンド」。315円

画像 「Wii U GamePadスタンドセット」。1890円

画像 Wiiリモコンプラス、ヌンチャク、センサーバーがセットになった「Wiiリモコンプラス追加パック」。5250円

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事