新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年09月14日 14時22分 UPDATE

キングソフトが「ステマ」疑惑にコメント 「ありのまま」書いてもらう意図だったと説明

「新製品のありのままの姿を伝えていただく執筆依頼という意図でした」と説明している。

[ITmedia]

 セキュリティソフトメーカーのキングソフトが、セキュリティ専門家の高木浩光氏にいわゆる「ステマ」を依頼したのではないかと話題になっていた件で、同社がステマという認識ではないとするコメントを発表した。

 事の発端は9月13日、高木氏が自身のTwitterアカウントで「こんなメールが来た」とキングソフトからのメールを掲載したことだった。掲載されたメールの文面は、「影響力のあるブログ、facebook、twitter、もしくは、ヤフー知恵袋などに執筆いただき、弊社製品のポジティブな評判形成にご協力いただけないかというご相談です」といったもので、ネットユーザーの間でステマ依頼ではないかとの声が上がった。Twitterでは、「#お金ください」「#振込待ってます」というハッシュタグを付けてキングソフトを賞賛するコメントを投稿するジョークもはやった

ah_king1.jpg 高木氏のツイートはTogetterにまとめられて話題に

 キングソフトは14日、「一部サイトでの反響について」とするコメントを自社のサイトに掲載。業界のオピニオンリーダーや著名なライターにメールを送ったことを認めたが、「今後リリースが予定されている製品について、バージョンアップによる改善点や新機能などを、良い点・悪い点含めてありのままに執筆していただきたいと考えました」「オピニオンリーダーやライターの皆様に新製品のありのままの姿を伝えていただく執筆依頼という意図でした」とステマ疑惑を否定した。

ah_king3.jpg キングソフトによるお知らせ

 「弊社の意図に反し、オピニオンリーダーやライターの皆様に依頼したメール文が誤解を招く内容になっておりましたことをお詫び申し上げます」と同社は述べている。

ah_king2.jpg Twitterではステマ疑惑を受けて、「キングソフトのおかげで宝くじが当たって彼女ができました」といったジョーク投稿も。高木氏のツイートと一緒にNAVERまとめにまとめられている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事