ニュース
» 2012年09月16日 12時22分 UPDATE

ち、血があぁぁああぁ! Web漫画「o-157と溶血性尿毒症症候群になって入院したよ」の衝撃

血、げろ、汗、涙……全コマの半分くらい、ゆる〜く体液だしてます。

[ITmedia]

 電子書籍サイト「パブー」に掲載されているWebエッセイ漫画「o-157と溶血性尿毒症症候群になって入院したよ(ハート)」。致死率50%(!?)と言われる大病にかかった作者・窓ハルカさんが、無事に退院するまでを10ページ52コマにわたって描いたエッセイ漫画です。ゆるい絵柄とは裏腹に、闘病生活のものすごさや、体液出まくりのスプラッター展開を受けて「怖い」「すさまじい」などと話題になっています。

画像 表紙にはオムツ姿の作者が。おしっこを流すクダまでつけられている

画像 全裸で大の字になりながら、おしりからドバーッと血を出すコマがすごい

画像 寝たきり生活からようやく立てるようになったあかつきに、病室の窓から田園風景をながめながら尿瓶に立ちションをする作者の1コマも

 表紙には作者本人と思われる笑顔の女の子。しかしよく見ると、目の下にはクマ、体のいたるところからは点滴や人工透析のクダが伸びており、にこやかな表情とは裏腹に、なにやら大変な状態になっていることがうかがえます。

 赤や緑、紫など原色を大胆に使ったカラーリングは「怖い」の一言。一方で、体を張った自虐ネタや、どこか諦観をただよわせるモノローグのおかしみなど、思わず誰かに紹介したくなる魅力も随所に溢れています。

発病したのは2010年9月です。入院中は1カ月以上、薬しか摂取しなかったので、うんこからフルーティでいい匂いがしました。ほかにも肉体・精神的苦痛からか幼児退行してしまい、一人称がじぶんの名前になって3歳児のような話し方になっちゃいました。

退院してからも体調不良が続きましたし、透析や輸血をしたせいか1年以上は肌が弱くなり湿疹等に悩まされましたが、現在は完治し、みるみる肥えて健康体です。(窓ハルカさんより)

 上記は作者さんからいただいたコメント。フルーティ・フレーバーうんこって嬉しいものなのでしょうか……。でも、何はともあれ、今の生活が元気そうで本当に良かったです(涙)。

 エッセイ漫画は作者の人柄が大切ですが、自身の尿道にクダをさすシーンとか、お世話になった主治医の先生に「でもこの人キライ」とさらっと書き添えてみたりとか、窓ハルカさんの爽快なたくましさに引かれる人は多そう。作品は無料で読めますので、ぜひこの笑える“ゆるグロ”さを体感してみてください。

 なお、現在は漫画やイラストなどのお仕事を募集中とのこと。窓ハルカさんのブログはこちら、Twitterアカウントは@madogwとなっています。

関連キーワード

漫画 | 入院 | 電子書籍 | パブー | 面白い


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー