ニュース
» 2012年09月18日 16時50分 UPDATE

Twitterに「ライフラインアカウント検索」 まずは日本で提供

郵便番号を入力すると、地域の災害情報をツイートするアカウントが簡単に見つかる。

[ITmedia]

 Twitterは9月18日、郵便番号を入力することで、その地域の災害情報をつぶやく公共機関アカウントを簡単に見つけられる機能「ライフラインアカウント検索」を公開した。まずは日本で提供。この機能がまだ見えていないユーザーも数日のうちに利用可能になるとしている。

画像

 Twitterの「#見つける」タブをクリックすると、左側のメニュー内に「ライフライン」が出現。「ライフライン」の検索ボックスに郵便番号を入力すると、県庁や市役所などその地域のアカウントが一覧表示され、フォローできるようになっている。関連するアカウントがない場合は、消防庁や首相官邸(災害情報)アカウントなどが表示される。

 現在は日本のみで提供しているが、今後ほかの国でも提供していく予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう