新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年09月18日 18時53分 UPDATE

イラストの転載、どこまで許せる? 「絵師白書2012」

「イラストの転載はどこまで許せるか」「同人誌即売会での売り上げは?」などを調査した「絵師白書2012」が発表された。

[ITmedia]

 忍者ツールズを提供するサムライファクトリーは9月18日、絵師・イラストレーターを対象に行ったアンケート結果「絵師白書2012」を公開した。

 「イラストの転載はどこまで許せるか」「同人誌即売会での売り上げは?」などの質問を1600人超に聞いた。

 イラストの転載については、50%が元サイトへリンクと「◯◯から転載」という説明があればイラストを他人のWebサイトに転載されても許容できると答えた。引用元を説明した上でTwitterに画像をアップロードするのは51%が、プロフィールで引用元を説明した上でTwitterのアイコンに使うのは40%が許容範囲としている。

 引用元の説明なしでの転載を許容すると答えた人は、転載先(Webサイト、Twitter、アイコン)にかかわらず数%だった。「いずれにせよ転載が必要な場合は事前に作者に許可を取った上で引用元を明示して行われるのが望ましいと思われます」(サムライファクトリー)

aH_eshi3.jpg

 同人誌即売会1回あたりで一番売れたときの冊数については、5冊未満が10%、5〜9冊が9%、10〜29冊が23%、50〜99冊が17%、100〜299冊が17%。1000冊以上売れたのは2%だった。8月に開かれたコミックマーケット82参加者のうち、67%が前回出展時より販売が増えたとしている。

ah_eshi1.jpg

 また48%がイラスト作成作業の全工程をデジタルで行っており、ペンタブレットを主に使う派は83%に上った。

ah_eshi4.jpg 全行程デジタルは48%
aH_eshi2.jpg 交流に使っているサイトで最も多かったのはPixiv(69%)、その次がTwitter(54%)だった

関連キーワード

イラスト | 漫画 | 同人誌 | 売上 | コミケ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事