新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年10月02日 18時48分 UPDATE

さらにできるようになったな相模屋 「ズゴックとうふ」はズゴックおいしい (1/2)

ザクに続いて、こだわりが半端ない。

[宮本真希,ITmedia]
画像 いきなりどどーん

 2012年3月に始まった豆腐戦争で、ジオン軍による「ザクとうふ」は140万機以上出撃するなど大きな戦果をあげた。制宙権をほぼ掌握する至ったいま、戦いの舞台は宇宙から地上へと移りつつあった――。

 ということで「ザクとうふ」でおなじみの相模屋食料は10月2日(とうふの日)、かねてより計画していた“地球降下作戦”を開始すると発表した。極秘裏に開発した「鍋用!ズゴックとうふ」を鍋攻略戦用に、「ザクとうふ デザート」を砂漠戦用に投入するのだ。あえて言おう、魂のこもった豆腐作りであると。

画像 あらためて「ザクとうふ」のすごさをここに
画像 そしてなんかキター!
画像 相模屋さん、至って真面目です

 早速紹介していこう。「鍋用!ズゴックとうふ」は、ジオン軍の水陸両用モビルスーツ「ズゴック」の頭部をモチーフにした容器に豆腐を充填した商品。これからの寒い季節に向けて、煮崩れしにくい鍋用豆腐に仕上げた。もちろん長時間煮込めば端からポロポロと崩れてしまうが、「大気圏突入のシーンだと思って欲しい」と語るのは同社の鳥越淳司社長。だれがうまいことを言えと……。

画像 「鍋用!ズゴックとうふ」

 味は潮の香りをイメージしたほんのり昆布風味。寄せ鍋やすき焼きなど様々なお鍋に使える。発表会場では、豆乳スープで煮込んだ「ズゴック豆乳〜北極戦線〜」や、キムチと合わせた「ズゴックキムチ鍋〜熱帯沼地戦〜」などやたら気合いの入ったレシピが紹介されていた。記者はポン酢をつけて試食。プルプルな食感と酸っぱさがマッチしてとてもおいしかった。

画像 「ズゴックキムチ鍋〜熱帯沼地戦」。沼はキムチ、熱帯の植物はニラで表現
画像 「ズゴックよせ鍋〜ベルファスト〜」。なぜか椎茸のアッガイも
画像 「ズゴック豆乳〜北極戦線〜」。アーム・クローはきゅうりと大根で作れます

 味以上に注目なのは「何度もパックメーカーと試作を繰り返した」(鳥越社長)という容器だ。ズゴックが水面から姿を現し辺りをうかがうシーンをイメージし、頭部を斜め25.9(ズゴック)度に前傾させた。これは鳥越社長いわく「もっとも美しい」角度。背部のランドセルには「“汚し”を表現してリアリティを追求」するなど、半端ないこだわりっぷりとなっている。

画像 容器はこんな感じ
画像 ズゴック度の美学
画像 こだわりぬいてます。

 数量限定でズゴックのアームクローをイメージした「ズゴック・クロー・フォーク」を付属する。単体で立脚可能なデザインなので、食べた後は部屋に飾って楽しめる。

画像 今回のフォークは単体で立脚可能。さらにできるようになったな相模屋食料!
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事