ニュース
» 2012年10月09日 18時28分 UPDATE

アメリカでカロリー表示付きドリンク自販機導入 肥満対策で

自販機にカロリーが表示されていたら、高カロリーのドリンクの購入を思いとどまるかも?

[ITmedia]
aH_vend.png

 アメリカの飲料メーカーが、カロリー表示付きの自動販売機を2013年からシカゴとサンアントニオの自治体の建物で導入する。肥満対策の1つで、いずれ全米に拡大する計画だ。

 飲料メーカーの業界団体American Beverage Associationによる「Calories Count Vending Program」の一環。自販機でドリンクを買う前にカロリーが分かるようにして、カロリーの低いドリンクの選択を推進するのが目的だ。これまでにも飲料業界は、学校での高カロリードリンク販売をやめたり、飲料の缶や瓶にカロリーを示すラベルを貼るといった取り組みをしている。

 このプログラムにはCoca-Cola、Dr Pepper Snapple Group、PepsiCoが参加し、低カロリードリンクの提供拡大、自販機前面やボタンへのカロリー表示に取り組む。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう