ニュース
» 2012年10月11日 17時19分 UPDATE

「オリオン座流星群」のピークまであと10日 お天気は?

10月21日にピークを迎える「オリオン座流星群」。今年は観測できる地域が多そうだ。

[ITmedia]

 秋を代表する流星群である「オリオン座流星群」が10月21日にピークを迎える。今年は広い地域で観測のチャンスがありそうだ。

aH_orion.jpg

 ピーク時は1時間に10個前後の流れ星が流れる。ウェザーニュースの予想では、21日は移動性高気圧に覆われ、西〜東日本の広い範囲で星空観測に絶好の天気になるという。北日本は曇りや雨のところが多くなる見込みだが、雲の隙間から流星を見られるチャンスは残されているとしている。

 同社はこの日午後11時から深夜1時まで、日本と韓国の計7カ所から流星の風景をネットでライブ中継する予定だ。

関連キーワード

天文 | 流星群 | 惑星 | 宇宙 | 天気


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう