新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年10月13日 21時07分 UPDATE

「世界初iPS心筋移植」やはり誤報 読売新聞がおわび文掲載

「森口氏氏の説明は虚偽」と判断。

[ITmedia]

 読売新聞は10月13日、森口尚史氏ら日本人研究者グループが、iPS細胞を使った世界初の臨床応用に成功していたとの報道について、誤報であったとの見解を示し、お詫び文を掲載した。

 記事によると、森口氏の論文で「共同執筆者」とされていた大学講師に確認したところ、実際には論文執筆にまったく関与していなかったという。また、ハーバード大の当局者や複数の専門家も真実性を否定していることから、「同氏の説明は虚偽で、それに基づいた一連の記事は誤報」と判断した。

 森口氏をめぐっては、今回問題となった論文以外にも、研究実態が不明瞭な論文が複数見つかっており、東大病院や東京医科歯科大も再検証に乗り出している。折しも京都大学の山中伸弥教授がiPS細胞に関する研究でノーベル医学生理学賞を受賞したタイミングとも重なり、森口氏の成果も大きく報じられたが、結果的には大誤報騒ぎにつながってしまった。


関連キーワード

誤報 | 謝罪 | iPS細胞 | 読売新聞 | 医学


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事