ニュース
» 2012年10月14日 10時00分 UPDATE

思わず見入る細やかさと美しさ ワイングラスの中で動く小さな機械

マシンが芸術に――ワイングラスの中で動く精密機械がステキです。

[ITmedia]

 ワイングラスの中でクルクルと回る歯車。ポーランドのエンジニアでアーティストSzymon Klimekさんが作った「マシン」が、芸術の域です。

 グラスの中に、小さな歯車や機械部品で作られたスチームパンク的なマシンが入っています。すごいのは、この機械がちゃんと動くようになっていることです。

ah_glass1.jpgah_glass2.jpg Sponge(edrobiazg.com.plより)

 例えば「Sponge」という作品は、グラスに入った11.5×9×7センチのマシン。ソーラーパワーで動き、ジルコニウムや真鍮のプレートを使っています。蒸気機関を思わせる動きで、歯車がクルクルと回転します。動く機械でありながらも、まるでガラスケースに入った美術品のようです。

 Makezineによると、KlimekさんはCADプログラムを使ってデザインし、手作業で部品を切ったり成形して、組み立てはほとんど容器の外で行なっているとか。ほかにも真鍮やブロンズで車のミニチュアなどを作っています。芸術的な作品の数々は彼のWebサイトで見ることができます。

関連キーワード

芸術 | ワイン/シャンパン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう