ニュース
» 2012年10月15日 18時53分 UPDATE

見よこの洗練されたデザイン:諸君、これが3年をかけた「究極の役に立たないマシン」だ!

これほど洗練されたムダがあっただろうか。

[ITmedia]

 与えられているのは終了する機能のみ――起動スイッチを入れると自動でスイッチを切る「The Ultimate Useless Machine」の最新版がYouTubeに投稿されている。

 このアイデアの歴史は古く、コンピュータ科学者のマービン・ミンスキーが1952年に思いつき、IBMの同僚でもあったクロード・シャノンが「Ultimate Machine(最終機械)」として考案。以降、数々の作品が発表されてきた。

ah_machine1.jpg スイッチオン
ah_Machine2.jpg スイッチオフ

 このたびの「The Ultimate Useless Machine」は、Frivolous Engineeringという企業による3年間の集大成で、最新鋭のCADソフトによる洗練されたデザインに加え、機械の“指”部分にはLEDバックライトを搭載している。

aH_machine3.jpg

 実物の製作キットも発売している。価格は初心者向けのもので55ドル+送料。

関連キーワード

デザイン | CAD | ロボット | YouTube


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう