ニュース
» 2012年10月16日 13時48分 UPDATE

小学生の手書き新聞「金岡新聞」が人気 単行本にも!

是非ねとらぼ記者になってください!

[ITmedia]

 小学校などで1度は作ったことがあるという人も多い学級新聞。そんな学級新聞を1人で2年以上も作り続け、ついに本にまでなってしまった少年がいます。

画像 現在はニュース和歌山のサイトでも掲載中

 現在、小学校5年生の金岡睦君。2年生だった2010年2月から手書きの「金岡新聞」を作りはじめ、現在も毎週月曜日にA4判カラーの金岡新聞を発行し続けています。

 初期は友達やご近所さんに15部を配布する形式でしたが、渋谷のフリーペーパー専門店「only free paper」に設置したことをきっかけに人気が急上昇。ニュース和歌山のサイトでも掲載されるようになり、今年7月にはとうとう単行本が出版されるまでになりました。

画像 単行本にもなりました

 内容は学校や家庭の出来事や地元のイベント紹介など身近なものが中心。一方で、震災時には節電や復興支援を呼びかける特集を組むなどメディアとしての意識の高さは大人顔負けです。近年はJAXAの川口淳一郎先生やTBS江藤愛アナへのインタビューが掲載されるといった展開も。

 「金岡新聞和歌山本社代表取締役」として取材・撮影・執筆を1人でこなす金岡君。将来は日本の報道をリードする敏腕記者になるかもしれません。

関連キーワード

小学校 | 新聞 | 学生 | 手書き


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう